開排

出典: meddic

abduction in flexion, frog-leg position

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性股関節脱臼,内反足 (特集 乳幼児健診でみつかる外科系疾患) -- (乳幼児健診において保護者の訴えや診察,検査で疑う疾患)
  • 肛門周囲膿瘍,痔瘻,裂肛 (特集 乳幼児健診でみつかる外科系疾患) -- (乳幼児健診において外から見てわかる疾患)
  • 家入 里志,宗崎 良太,田口 智章
  • 小児科診療 75(2), 253-256, 2012-02
  • NAID 40019183947

関連リンク

下肢静脈瘤の評価に用いられる。 Trendelenburg test トレンデレンブルグテスト:下肢 静脈瘤における不全静脈弁の局在を知る検査 ... test 肘屈曲テスト:肘部管症候群 SOR.391. Patricテスト パトリックテスト:股関節を開排位にして疼痛の発現を評価する .
もうすぐ四ヶ月になるがいます。先週、3~4ヶ月検診でした。検診の結果、「股の筋肉が 固いだけだとは思いますが、とりあえず整形外科で精密検査を受けましょう。」と言われ、 【開排制限】と言われて精密検査を受け.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問098F039
リンク元パトリック試験」「ファーバー試験
拡張検索開排制限

098F039」

  [★]

  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 8か月の乳児。顔色不良を主訴として来院した。
  • 現病歴 : 15時間前に発熱と不機嫌とに母親が気付いた。その後患児は入眠したがすぐ覚醒した。1時間前に顔色不良と元気がないこととが認められた。
  • 既往歴 : BCGは接種済み。1か月前に突発性発疹に罹患している。
  • 現症 : 体重8,410g。体温38.2℃。呼吸数60/分。脈拍160/分、整。顔色は不良で、顔貌は無欲様である。周囲に対する関心が乏しい。背臥位で頭部を持ち上げ前屈させると抵抗があり、同時に股関節と膝関節とが屈曲する。検査所見2%、好中球56%、単球7%、リンパ球35%)、血小板10万。CRP11mg/dl(基準0.3以下)。血液所見:赤血球394万、Hb10.7g/dl、白血球14,500(後骨髄球2%、好中球56%、単球7%、リンパ球35%〕、血小板10万、CRP11mg/dl(基準0.3以下)。
  • この患児の診断に重要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F038]←[国試_098]→[098F040

パトリック試験」

  [★]

Patrick test
開排


ファーバー試験」

  [★]

Faber test
開排


開排制限」

  [★]

abduction limitation in flexion
発育性股関節形成不全





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡