鎮静薬依存

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

抗不安薬と鎮静薬(催眠薬)は一般に医療目的で使用される。短期的な使用により,身体的および精神的障害を伴う中毒が生じることがある。反復使用は乱用または依存につながる可能性がある。 耐性およびタキフィラキシーが不 ...
催眠鎮静薬 心の病気にともなう不眠の治療に用いられるのが催眠鎮静薬です。 一般には、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、その他に分類されます。 以前はバルビツール酸が広く用いられていましたが、最近では ...

関連画像

アチバン」『フリー百科事典 鎮静剤イララックのすべて縦軸:依存性:上に行くほど μ 受容体 に よる 拮抗 薬 上


★リンクテーブル★
関連記事依存」「鎮静薬」「鎮静

依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


鎮静薬」

  [★]

sedative, sedatives, sedative drug
sedativa
鎮静剤
中枢神経抑制薬鎮静
[show details]




鎮静」

  [★]

sedation
  • 鎮静の評価




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡