鎮痛薬腎症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎臓・泌尿器 間質性腎炎 (医薬品副作用学--薬剤の安全使用アップデート) -- (副作用各論--重大な副作用)

関連リンク

鎮痛薬性腎症とは何ですか? 鎮痛薬は痛みを軽減するために意図したすべての薬です。 店頭鎮痛薬は、次のとおりです。 アスピリン アセトアミノフェン イブプロフェン ナプロキセンナトリウム いくつかの疾患は、腎臓のために危険な ...
鎮痛薬性腎症 analgestic nephropathy 「概念」 鎮痛薬長期使用による間質性腎炎のこと。 「疫学」 好発年齢は50~55歳、女性に多い。 「病因」 鎮痛薬(アセトアミノフェン、フェナセチン) 鎮痛薬の蓄積量が2~3kgに達すると発現 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事腎症」「」「鎮痛薬」「鎮痛

腎症」

  [★]

nephropathy
ネフロパシー腎障害 renal damage
腎炎ネフローゼ nephrosis
[show details]




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

鎮痛薬」

  [★]

analgesic, antalgic, anodyne
非麻薬性鎮痛薬



鎮痛」

  [★]

analgesia
疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡