鎮痛薬依存

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鎮痛薬「依存」の背景にうつ病が考えられた症例--がん術後の腹痛をめぐる内科との連携 (特集 精神科と他科・他職種との連携) -- (緩和医療)
  • 上田 諭,伊藤 敬雄,大久保 善朗
  • 臨床精神医学 38(9), 1221-1226, 2009-09
  • NAID 40016851090

関連リンク

解熱鎮痛薬依存 睡眠薬依存、向精神薬依存のうちの抗不安薬依存、解熱鎮痛薬依存は、 いずれもバルビツール酸およびアルコール型依存に含まれる。バルビツール酸系依存は、 精神的依存・身体的依存ともに認められるが、
【最新の回答】それ(ドラマ)は「精神的依存症」で通常の鎮痛薬では身体的依存症にはなり難いです。 大体オピオイド(麻薬と似た成分)を含んでいる鎮痛剤は薬店では入手出来ません ...

関連画像

鎮痛薬の効き目と依存症リスク がんの痛みと医療用麻薬/医師  鎮痛薬の中で,最も単純な構造医療用麻薬を使っても大丈夫


★リンクテーブル★
関連記事依存」「鎮痛薬」「鎮痛

依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


鎮痛薬」

  [★]

analgesic, antalgic, anodyne
非麻薬性鎮痛薬



鎮痛」

  [★]

analgesia
疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡