鎖骨上リンパ節

出典: meddic

supraclavicular lymph nodes
nodi lymphatici supraclaviculares
[show details]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2.肺癌遺伝子異常検査目的の鎖骨上リンパ節生検後のリンパ瘻に再手術とソマトスタチンアナログ投与の併用が有効であった1例(第55回 日本呼吸器内視鏡学会北陸支部会)
  • 市橋 匠,田中 良男,木村 圭一,林 泰生,上藤 聖子,杉森 順二,渡邉 剛史,五十嵐 一誠,高橋 秀房,木船 孝一,原田 憲一
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(1), 104, 2013-01-25
  • NAID 110009594324
  • 食道・胃・十二指腸の転移性悪性黒色腫をNBI観察し得た1例
  • 望月 洋介,斎藤 康晴,稲富 理,馬場 重樹,石田 光明,辻川 知之,安藤 朗,藤山 佳秀
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 55(2), 267-274, 2013
  • … 二指腸に様々な形態を示す多発性の黒色調病変を認めた.生検にて悪性黒色腫と診断した.その後急速に全身状態が悪化し,初診から3週間後に永眠された.剖検の結果,両側肺門,縦隔リンパ節,両側鎖骨上リンパ節,右鎖骨下筋肉内,右第5肋骨,心臓,肺,胸膜,食道,胃,十二指腸,空腸,回腸,肝臓,膵臓,腎臓副腎,膀胱,および骨髄に転移を認めた.悪性黒色腫の消化管転移が生前に診断されることは少な …
  • NAID 130003375252
  • 原発不明肺門縦隔リンパ節癌の1例
  • 福島 清春,渋谷 仁,清水 泉,亀田 陽一
  • 肺癌 53(1), 35-41, 2013
  • … trexedも併用した化学療法を行い良好な治療経過を得た,縦隔リンパ節癌の1例を報告する.症例.40歳男性.健診で胸部異常影を指摘され,胸部CTにて縦隔を主体とした多発性のリンパ節腫大を認めた.右鎖骨上リンパ節の生検では低分化腺癌であった.免疫染色ではnapsin A陽性,TTF-1陰性,CK 7陽性,CK 20陰性であった.全身検索するも明らかな原発巣は認められなかったが,免疫染色の結果より肺原発が強く示唆された. …
  • NAID 130003366321

関連リンク

ごく稀に、片側のリンパ路の閉塞が起きたとき、対側の乳房のリンパ路に流入したり 前 腹壁に沿って鼠径リンパ節に流入する時もある。 参考 鎖骨上リンパ節 supraclavicular nodes 鎖骨下リンパ節 subclavian nodes 中心(腋窩)リンパ節 central nodes ...

関連画像

乳腺のリンパ節乳癌の所属リンパ節の範囲の 前腹壁に沿って鼠径リンパ節に chest治療経過治療方法


★リンクテーブル★
国試過去問104H026
リンク元頚部リンパ節
拡張検索鎖骨上リンパ節郭清術」「鎖骨上リンパ節腫脹
関連記事リンパ節」「リン」「」「鎖骨」「

104H026」

  [★]

  • 54歳の女性。左乳房のしこりを主訴に来院した。左乳房の上外側領域に4cm大の可動性のある腫瘤を認める。検査で同側鎖骨上リンパ節転移と転移性肺癌とが見つかった。
  • 結果説明として適切なのはどれか。
  • a まず家族に伝える。
  • b 不安を招かないよう肺の炎症として伝える。
  • c 患者の感情とは無関係に一方的に事実を伝える。
  • d 患者が感情的になったときは即座に説明を中止する。
  • e まず患者の認識や説明に対する希望を確認してから説明する。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H025]←[国試_104]→[104H027

頚部リンパ節」

  [★]

cervical lymph node
  • M.567
  • 後頭下リンパ節
  • 鎖骨上リンパ節



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

国試




鎖骨上リンパ節郭清術」

  [★]

supraclavicular lymph node dissection, supraclavicular lymphadenectomy
鎖骨上リンパ節


鎖骨上リンパ節腫脹」

  [★]

supraclavicular lymph node swelling
鎖骨上リンパ節鎖骨上リンパ節郭清術


リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


鎖骨」

  [★]

clavicle, collar bone collarbone
clavicula



  • 頭蓋骨の大部分と同様に、膜性骨化により作られる。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


上」

  [★]

superior、(pref)supra、(pref)superio、(pref)epi
エピ上位優位優れた上方




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡