鎖胸三角

出典: meddic

deltopectoral triangle (KA)

-体表から見て、鎖骨、三角筋、大胸筋で囲まれる凹みと思われる。

    • ここの深部で橈側皮静脈が腋窩静脈と合流していると思われる。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

胸鎖乳突筋後縁の中央付近から出て、同筋を横切って前方へ進み、上枝と下枝に分岐 します。 上枝、下枝は首の前面と外側面をなす皮膚に分布します。 (4)鎖骨上神経(さ こつじょうしんけい) 胸鎖乳突筋後縁から出て、後頸三角の部位を下行し、前胸部と肩の ...
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)は頸部にある筋肉の一つ。首を曲げ、回転させる 働きを持つ。 胸鎖乳突筋という名前は、胸骨と鎖骨を起始とし、側頭骨の乳様突起( 及び後頭骨)に停止するところからつけられた。支配する運動神経は副神経であり、知覚 は頚 ...

関連画像

おいなりのブログラフェース院長の美容、医療 顎下三角 (図716,725--727,854)頭を少し前に傾けた時に出る第 胸鎖乳突筋と斜角筋、鎖骨で 東洋医療専門学校鍼灸師学科


★リンクテーブル★
リンク元鎖骨下窩
関連記事

鎖骨下窩」

  [★]

infraclavicular fossa (KL)

-鎖胸三角と同じ部位を指しているものと思われる (KA.402)


角」

  [★]

角度コーナー触角




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡