錐体鼓室裂

出典: meddic

petrotympanic fissure (N)
fissura petrotympanica
グラーザー裂 glaserian fissure
錐体鼓室裂


  • 図:N.8 KA.27,125


和文文献

  • 最適化に基づく顎関節X線画像からのトレース図の生成
  • 福島 重廣,小島 美奈子
  • 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 J83-D-II(12), 2798-2809, 2000-12-25
  • … X線写真による顎(がく)関節の形態学的研究を支援するために, コンピュータによってトレース図を自動的に生成する方法を開発した.対象は下顎窩(か)辺縁, 下顎頭辺縁, 錐体鼓室裂, 及び, 干渉像中心線の4要素である.顎関節X線写真は散乱によってかなりぼけているが, 形態と要素間相互の位置関係はほぼ一定している.したがって, ここではモデルの活用を図った.まず, 前処理としてグリッド像をその周期性を利用して除去 …
  • NAID 110003183891
  • 顎関節X線画像の理解
  • 安永 真二,児玉 和彦,来栖 剛臣,福島 重廣,大庭 健
  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRU, パターン認識・理解 93(396), 65-72, 1993-12-17
  • … 顎関節のX線形態学的研究を支援するために,コンピータによる形態トレースの自動化の可能性を検討した.トレースの対象としては,下顎窩と下顎頭の辺縁を選んだが,その補助として錐体鼓室裂と干渉像も認識した.顎関節X線画像は,形態と要素間相互の位置関係がほぼ一定なことが特徴である.したがって,モデルにもとづく認識方法を開発した.さらに,知識にもとづくサブトラクションの方法を提案した. …
  • NAID 110003299711

関連リンク

このくぼみの後方は、鼓室部の薄い骨が後壁となっている。この骨壁と下顎窩との移行 部には、鼓室部と側頭鱗の癒合線である鼓室鱗裂が横に走行している。 鼓室鱗裂は内 方では前方の錐体鱗裂と後方の錐体鼓室裂の2本の癒合線に分かれている。この錐体 ...
内頭蓋底、蝶錐体裂、錐体後頭裂、前頭蓋窩、中頭蓋窩、 後頭蓋窩、斜台、下錐体洞 溝、外頭蓋底、頚静脈孔、破裂孔、骨口蓋、 .... 突起、乳突上稜、道上小窩、(道上棘)、 下顎窩、関節面、関節結節、錐体鼓室裂、錐体鱗裂、鼓室鱗裂、鼓室乳突裂、大脳面 ...

関連画像

A02100093.jpg (62951 バイト)頭頚部CT・MRIマニュアル図233 ] 顔面神経管の経路 図232 Rauber Kopsch Band2. 467イラストを掲載している


★リンクテーブル★
リンク元glaserian fissure
関連記事錐体」「鼓室

glaserian fissure」

  [★] 錐体鼓室裂グラーザー裂


錐体」

  [★]


側頭骨の錐体

pyramid (KH)
pyramis



延髄の錐体、延髄錐体

pyramis
  • 図:N.108
  • 錐体の高まりの下層に縦走する白い神経線維の束が存在し、これが錐体束である。
  • 延髄の前正中裂と前外側溝に挟まれた高まり


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


網膜の錐体

cone, cone cell, retinal cone
conus
錐状体
網膜桿状体 桿体 杆体



鼓室」

  [★]

tympanic cavity
cavum tympani
中耳内耳


  • 中耳のうち時間を除いた部分
  • 外壁の鼓膜と内壁の前庭窓を連絡する耳小骨が存在する。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡