錐体交叉

出典: meddic

pyramidal decussation (KH)
decussatio pyramidum
錐体路

  • 図:カラー臨床神経解剖 p.125
  • 延髄下部
  • 錐体束が交叉する部位
  • この部位より下部が脊髄となる

下行性伝導路


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 一側下肢の単麻痺で発症し, 対麻痺を経て四肢麻痺にいたった両側延髄内側梗塞の1例
  • 小林 禅,日野 太郎,金澤 俊郎,横手 裕明,横田 隆徳,神田 隆,水澤 英洋
  • 臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 43(4), 195-198, 2003-04-01
  • NAID 10012627776
  • 錐体路の解剖について--文献的考察

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 錐体交叉の用語解説 - 錐体路の起始神経細胞は大脳皮質運動野(中心前回)の第V層にあり,その神経繊維は内包を通って中脳腹側面の大脳脚に現れ,橋核を貫通して延髄腹側面に錐体を形成する。脊髄にはいる ...
錐体交叉ってなぜ? 2006年10月07日 00:34 mixiユーザー つまらない質問ですみません。管理人様、場にそぐわなければ削除してください。 錐体路が錐体交叉で交叉してるために右脳が損傷されると左麻痺になる(逆も)という ...
錐体交叉は日本の歴史的パワーストーン、ガーデニング用品。錐体交叉については 前正中裂や 錐体路との関連が有名であり、 大脳皮質の分野で高い評価を得ている。 また、 延髄錐体や 錐体に関わるものとしても知られている。

関連画像

ヒト脳幹の断面図 (模式図)錐体交叉42運動路延髄、錐体交叉の下部を通る 41


★リンクテーブル★
先読み錐体路
リンク元pyramidal decussation
関連記事錐体」「体交」「交叉

錐体路」

  [★]

pyramidal tract
tractus pyramidalis
錐体外路下行性伝導路錐体路徴候
皮質脊髄路corticospinal tract皮質核路 tractus corticonuclearis
  • 大脳の運動野にあるBetzの巨大錐体細胞などから起こり、内包の膝と後脚の前半部を通過し、大脳脚の中央1/3を通り、胸腹側部を経て脊髄腹側に錐体として出現。さらに下降する際は大部分の線維は錐体交叉で対側に写り脊髄側索の背側半を外側皮質脊髄路となって下降していく。

皮質核路

  • 中心前回→内包(膝)→大脳脚→交叉→脳神経核

皮質脊髄路

  • 中心前回→内包(後脚前部)→大脳脚→
錐体交叉→側索 (外側皮質脊髄路) 対側
→→→→→前索 (前皮質脊髄路)  同側



pyramidal decussation」

  [★] 錐体交叉

  • (延髄端部に見られる神経線維束の交叉)錐体交叉
corticobulbar tractcorticospinal tractpyramidal tract


錐体」

  [★]


側頭骨の錐体

pyramid (KH)
pyramis



延髄の錐体、延髄錐体

pyramis
  • 図:N.108
  • 錐体の高まりの下層に縦走する白い神経線維の束が存在し、これが錐体束である。
  • 延髄の前正中裂と前外側溝に挟まれた高まり


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


網膜の錐体

cone, cone cell, retinal cone
conus
錐状体
網膜桿状体 桿体 杆体



体交」

  [★]

postural change
体位変換体位交換

交叉」

  [★]

chiasm
乗換え




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡