鋳型説

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 貝殻形成におけるパラダイムとしての有機基質鋳型説 (特集 バイオミネラリゼーション--形成の多様性とメカニズム)
  • 遠藤 一佳,更科 功
  • バイオインダストリー 24(12), 21-28, 2007-12
  • NAID 40015712070

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 鋳型説の用語解説 - この説の骨子は,(1)個体発生の初期(胎生期ないし新生期)に抗原に特異的に反応する細胞(すなわちクローン)がランダムに生じる,(2)そのなかから自己抗原に対応したクローンは禁止(消去 ...
鋳型説 抗原分子を鋳型として、それに対応する抗体が作られると考えたのがポーリングとハロヴィッツという2大化学者です。 抗原の形に合わせて作られるというのですが、3次元の抗原を鋳型とするという理論には、かなり無理がある ...

関連画像

日本大百科全書(ニッポニカ) の クローン選択説転写と翻訳(要旨)(ゆうきの 溶湯 と 反応 させる 鋳型


★リンクテーブル★
関連記事鋳型

鋳型」

  [★]

[[]]
template
[[]]


template




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡