鋤骨粘膜骨膜弁

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

用語名 粘膜骨膜弁 読み仮名 ネンマクコツマクベン 分野名 歯内療法&歯周病 用語解説 全層弁、歯科領域においては歯肉粘膜骨膜弁ともいう。【特徴】 骨膜を含めて粘膜全体を剥離子、骨面を露出させる方法により形成された粘膜弁。
用語名 粘膜弁 読み仮名 ネンマクベン 分野名 歯内療法&歯周病 用語解説 部分層弁ともいう。【特徴】 骨膜を骨に残し、軟組織のみを剥離した軟組織弁である。【臨床】 遊離歯肉移植術や歯肉弁側方移動術などに適応される。


★リンクテーブル★
関連記事粘膜」「鋤骨」「骨膜

粘膜」

  [★]

mucosa (KL), mucous membrane (KH), endometrium (Z. L-20), mucosae (Z. P-27)
tunica mucosa
粘膜固有層粘膜筋板粘膜下組織筋層


  • 消化器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系

定義

  • 上皮、粘膜固有層、粘膜筋板をまとめて粘膜と呼ぶ

粘膜

粘膜下の深層にある組織


鋤骨」

  [★]

vomer


  • 図:N.6
  • 薄く平たい骨であり、鼻中隔の後下方を形成する。前方では上後方に伸びていき、蝶形骨洞の外壁をなす蝶形骨まで届く



骨膜」

  [★]

periosteum (M)


  • 頭蓋骨の外面を覆う骨膜は特に頭蓋骨膜とよばれる、と思う (M.474)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡