鉄貪食

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 細網細胞におけるデキストラン鉄貪食の電子顕微鏡的研究〔博論要旨〕
  • 中西 功夫
  • 金沢大学十全医学会雑誌 77(1), 別47-49, 1968-06
  • NAID 40018650651

関連リンク

12) マクロファージの病変 組織破壊に伴って壊れた産物をマクロファージが貪食する。脂肪成分を貪食したものを脂肪顆粒細胞、血球由来の鉄成分を貪食したものを鉄顆粒細胞(ヘモジデリン貪食細胞とも)という。神経細胞の変性 ...
家族性血球貪食症候群はリンパ球の細胞障害性顆粒の産生および搬送・分 泌過程を制御する遺伝子群の異常により、マクロファージやリンパ球の過剰反応が持続し、多様な臓器障害が引き起こされる。生後すぐに発症する例も存在す ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

食」

  [★]

phago、(天文)eclipse
エクリプス覆い隠す




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡