重合IgA

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

免疫グロブリンA, IgA(Immunoglobulin A) 臨床的意義 免疫グロブリンA(IgA)は分子量約17万の糖蛋白で、糖質を8%含み、heavy chainが2種類(α1、α2)存在してIgA1、IgA2の2つのサブクラスの区別がある。IgAの特徴は ...
抗体の一。 粘膜分泌型で、ヒトIgの10-15%。分子量160,000(単量体)。ヒトにおけるIgAの産生量は各種免疫グロブリンの中でもIgGに次いで2番目に多い。【分類】 ヒトでは2つのサブクラス(IgA1, IgA2) ・IgA1(血清、鼻汁 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事IgA」「I」「重合」「Ig

IgA」

  [★]

immunoglobulin A
免疫グロブリンA γA gamma A
免疫グロブリン Ig


概念

  • 免疫グロブリンクラスの1つ。

基準値

  • 110-410 mg/dl (臨床検査法提要第32版)

臨床関連



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


重合」

  [★]

polymerizationpolymerisationpolymerize
ポリマーモノマー


Ig」

  [★] 免疫グロブリン immunoglobulin




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡