酸素吸入

出典: meddic

oxygen inhalation

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/27 00:00:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 学生の卒業前における看護技術の経験状況および実施への自信に関する調査
  • 山本多香子・山田 豊子・田村 葉子・中島 優子・江頭 典江・黒木美智子
  • 京都市立看護短期大学紀要 36, 87-95, 2011-07
  • … 経験の多い技術は単独実施の自信が高かった,2.バイタルサイン測定,病室の環境整備,ベッドメーキング,スタンダートプリコーションに基づく手洗いは,実習で繰り返し実施される技術である,3.車椅子移送について,実習前演習を行い,実習期間中は安全に対する啓発を行う必要がある,4.酸素吸入療法について,実習期間中は意図的に経験する機会を設定し,卒業前には知識の確認と技術トレーニングする必要がある,であった. …
  • NAID 110008609625
  • P2-20-3 在宅酸素吸入にて症状改善を認めたいわゆる化学物質過敏症患者の一例(P2-20 シックハウス症候群,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 竹田 浩子,池田 浩己,富岡 公子,圓藤 洋子,友田 幸一
  • アレルギー 60(3・4), 502, 2011-04-10
  • NAID 110008594691

関連リンク

酸素とは、人が生きていく上で非常に重要なものですね。しかし一方で酸素は取り扱い方を間違えると重大な事故にもつながりますので、【酸素吸入】はしっかりと特性などを理解して行う必要があります。今回はそのポイントついて ...
私は看護師をしています。疑問に思ったのですが、口呼吸している患者に酸素マスクで1L/分送気するのと、鼻カヌラで1L/分送気するのとでは、どちらが効果的なのでしょうか。酸素マスクだと、流量が少ないと自...
酸素吸入 さんそきゅうにゅう 全身状態が悪くて呼吸運動が十分に行えない場合,高所などの空気中の酸素が不足した環境にいるとき,あるいは全身麻酔時などに,酸素を与えて組織のガス交換を助ける方法。ボンベなどから酸素だけ ...

関連画像

酸素吸入装置北海道・東北・関東/全国69 酸素吸入療法の準備の写真酸素吸入 画像ID 892583酸素吸入 - Oxygen therapy酸素吸入装置 酸素吸入装置を


★リンクテーブル★
国試過去問100C025」「100C020」「098C003」「101E017」「107E061」「106B041」「104F024」「100H022」「097D060」「104F023」「100F057」「097F019」「098I050」「106B007」「096G118」「100F060」「095A118
関連記事酸素」「吸入

100C025」

  [★]

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 55歳の男性。激しい胸痛のため救急車で搬入された。
  • 現病歴:1週前から階段を昇るときに前胸部痛を自覚したが安静にて消失するため放置していた。今朝から激しい前胸部痛が出現し持続している。
  • 既往歴:48歳から高脂血症で加療中である。
  • 現症:意識は清明。顔面は苦悶様である。体温36.6℃。呼吸数25/分。脈拍64/分、整。血圧144/96mmHg。貧血と黄疸とを認めない。皮膚は冷汗をかき湿潤である。心雑音はない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.018、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球520万、Hb16.7g/dl、Ht50%、白血球10,400、血小板26万。血清生化学所見:尿素窒素28mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、AST55単位、ALT20単位、LDH350単位(基準176~353)、CK680単位(基準10~40)、Na144mEq/l、K4.2mEq/l、Cl106mEq/l。心電図を以下に示す。
  • まず行う処置はどれか。2つ選べ。


  • ST上昇:II.III.aVF。(軽度)V5,V6 →下壁梗塞 + 側壁梗塞
  • ST低下:(reciprocal change)I,aVL,V1-V4


[show details] [正答]
※国試ナビ4※ 100C024]←[国試_100]→[100C026

100C020」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 28歳の男性。意識障害のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 6年前、入社時の健康診断で高血糖と尿糖とを指摘されたが、症状がないため放置していた。半年前からロ渇と多尿とがあり、ジュースやスポーツドリンクをよく飲むようになっていた。最大体重27歳時94kgであった。1か月前から体重が急激に減少し、倦怠感が増強していた。今朝からぐったりとなり意識がもうろうとなった。
  • 既往歴 : 子供のころから肥満であった。
  • 家族歴 : 父と兄とが糖尿病である。
  • 現症 : 傾眠傾向で、大声で呼ぶと開眼する。身長176cm、体重84kg。体温 36.2℃。呼吸数22/分。脈拍96/分、整。血圧132/88mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めず、眼球結膜に黄疸を認めない。口唇と舌とは乾燥している。心雑音は聴取しない。肝は右肋骨弓下に2cm触知する。浮腫は認めない。アキレス腱反射は両側消失している。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.036、蛋白(-)、糖4+、ケトン体3+。血液所見:赤血球480万、Hb14.6g/dl、Ht46%、白血球9,800、血小板22万。血清生化学所見:血糖820mg/dl、HbA1C14.6%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素34mg/dl、総コレステロール282mg/dl、トリグリセライド340mg/dl、AST32単位、ALT48単位。
  • この患者にまず行う処置はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100C019]←[国試_100]→[100C021

098C003」

  [★]

  • 次の文を読み、1~3の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。激しい腹痛と嘔吐とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2日前から食後に軽度の腹痛を自覚していたが放置していた。3時間前から激しい腹痛となり、嘔吐を伴うようになった。
  • 既往歴 : 60歳時に開腹による胆嚢摘出術を受けた。
  • 現症 : 身長162cm、体重58kg。体温36.8℃。脈拍100/分、整。血圧134/86mmHg。上腹部は膨隆し、金属音を聴取する。右上腹部に軽度の圧痛がある。鼠径部にヘルニアは認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht41%、白血球8,900、血小板32万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、AST36単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)、LDH340単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ268単位(基準260以下)、CK48単位(基準10~40)、Na140mEq/l、K4.5mEq/l、Cl102mEq/l。CRP0.4mg/dl(基準0.3以下)。
  • 腹部エックス線単純写真立位像を以下に示す。


  • 適切な治療はどれか。2つ選べ。
  • a. 酸素吸入
  • b. 輸液
  • c. 新鮮凍結血漿輸血
  • d. 血液吸着・濾過
  • e. 減圧チューブ挿入
[正答]


※国試ナビ4※ 098C002]←[国試_098]→[098C004

101E017」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 59歳の男性。4時間持続する前胸部痛のために搬入された。
  • 現病歴: 1か月前から階段を上がった際に前胸部絞扼感を自覚した。安静にすると消失するので放置していた。本日早朝に前胸部絞扼感で覚醒した。しばらく我慢していたが次第に増強してきた。
  • 既往歴: 5年前から高血圧で降圧薬を服用している。
  • 現症: 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍104/分、欠代あり。血圧160/94mmHg。冷汗を伴い、四肢は冷たい。心雑音はないが、奔馬調律を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 尿所見:尿蛋白(-)、糖1+。
  • 血液所見:赤血球480万、Hb15.8g/dl、Ht46%、白血球9.800、血小板48万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.6g/dl、クレアチニン1.0mg/dl、AST88IU/l、ALT24IU/l、CK540IU/l(基準40~200)。経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉96%。心電図を以下に示す。


  • 治療として適切でないのはどれか。
  • a. 酸素吸入
  • b. ヘパリン投与
  • c. リドカイン投与
  • d. アドレナリン投与
  • e. ニトログリセリン投与
[正答]
※国試ナビ4※ 101E016]←[国試_101]→[101E018

107E061」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 20歳の男性。目が開きにくいことを主訴に来院した。
  • 現病歴:山菜採りに行き、右前腕を虫に刺され痛みを感じたが、そのままにして昼食をとった。食後、約30分してから両眼瞼が開きにくくなり、息苦しさを自覚するようになったため、友人に連れられて来院した。
  • 既往歴:5歳で気管支喘息。
  • 生活歴:山菜採りが趣味で、虫に刺されることが多い。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識レベルはJCSII-10。体温37.5℃。脈拍100/分、整。血圧80/50mmHg。呼吸数20/分。SpO2 85%(room air)。呼びかけると息苦しさを訴えせき込む。心音に異常を認めない。頸部と胸部とにwheezesを聴取する。頸静脈の怒張を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。体幹に膨疹を多数認める。顔面の写真(別冊No.9)を別に示す。
  • まず行う処置はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E060]←[国試_107]→[107E062

106B041」

  [★]

  • 98歳の女性。咳と発熱とを主訴に来院した。 1週前から咳が出るようになり、2日前から発熱が出現したが、入院を嫌って自宅で我慢していた。症状が改善しないため心配して訪ねてきた家族に伴われて受診した。 1人暮らしであり、最近まで日常的に畑仕事をしていたという。食欲に変化はなく食事は摂れており、全身倦怠感は訴えていない。
  • 意識は清明。身長154cm、体重38kg。体温38.5℃。脈拍96/分、整。血圧116/84mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 97%(room air)。右前胸部と右背部でcoarse cracklesを聴取する。
  • 血液所見:赤血球377万、 Hb 10.2g/dl、Ht33%、白血球9,800、血小板23万。血液生化学所見:尿素窒素12mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl。 CRP 2.8mg/dl。胸部エックス線写真で右下肺野浸潤影を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B040]←[国試_106]→[106B042

104F024」

  [★]

  • 72歳の女性。がんの終末期で在宅医療を利用している。2か月前に肝癌で入院し、肝、肺および骨への転移が見つかった。病状を知った本人と、主な介護者である夫とが自宅で穏やかに過ごすことを強く希望し、1か月前に自宅へ退院した。3日前から呼吸困難、強い疼痛および不眠を訴えるようになり、「憂うつで、もう死んだほうがましだ」と言うようになった。夫は妻の苦しむ姿を見ていられない。
  • 在宅医療を担当する医師の対応として適切でないのはどれか。
  • a 本人への再入院の説得
  • b 本人への酸素吸入
  • c 本人への抗うつ薬投与
  • d 本人への鎮痛薬の増量
  • e 夫への精神的ケア
[正答]


※国試ナビ4※ 104F023]←[国試_104]→[104F025

100H022」

  [★]

  • 21歳の男性。大量の発汗があり、突然無口になってうずくまったため、友人に伴われて来院した。生来健康である、ラグビー部の副主将として、早朝から部員の先頭に立って合宿練習を指揮していた。天気は快晴であり、午後2時の来院時、気温33℃、湿度65%、無風。意識は清明。嘔気と嘔吐とはない。身長170cm、体重70kg。体温37.4℃。呼吸数24/分。脈拍92/分、整。血圧128/72mmHg。下腿、大腿および腹部に軽度の筋攣縮が認められる。
  • 対応として最も適切なのはどれか。
  • a. 頭部冷却
  • b. 酸素吸入
  • c. 冷水投与
  • d. 電解質液投与
  • e. 抗けいれん薬投与
[正答]


※国試ナビ4※ 100H021]←[国試_100]→[100H023

097D060」

  [★]

  • 48歳の女性。夫に付き添われて救急車で来院した。激しい夫婦げんかの末「死んでやる。」と言って納屋に行き、そこにあったパラコートを飲んだ。夫の話によると飲んだのは約15分前で、およそ40mlの量であった。興奮しているが意識は清明である。呼吸数24/分。脈拍104/分、整。血圧138/88mmHg。まず行うのはどれか。
  • a. 酸素吸入
  • b. 胃洗浄
  • c. エピネフリン皮下注
  • d. 副腎皮質ステロイド薬静注
  • e. マニトール静注
[正答]


※国試ナビ4※ 097D059]←[国試_097]→[097E001

104F023」

  [★]

  • 26歳の男性。自動車にはねられ搬入された。上腹部痛を訴えている。意識は清明。呼吸数 30/分。脈拍 112/分、整。血圧 82/48mmHg。血液所見: 赤血球 288万、Hb 9.1g/dl、Ht 28%、白血球 11,500、血小板 16万。酸素吸入輸液とを開始した。
  • 次に行う検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104F022]←[国試_104]→[104F024

100F057」

  [★]

  • 56歳の男性。呼吸困難を伴う意識障害のため救急車で搬入された。庭木の手入れ中、蜂に刺され、数分後に倒れた。意識は混濁している。体温37.2℃。脈拍120/分、整。血圧76/48mmHg。胸部に軽度の喘鳴を聴取する。両手背に蜂の刺し傷、発赤および腫脹を認める。
  • 最初に行う治療はどれか。
  • a. 輸液
  • b. 酸素吸入
  • c. エピネフリンの皮下注射
  • d. 抗ヒスタミン薬の静脈注射
  • e. 副腎皮質ステロイド薬の静脈注射
[正答]


※国試ナビ4※ 100F056]←[国試_100]→[100F058

097F019」

  [★]

  • 65歳の女性。突然発症した左前胸部痛と呼吸困難とを訴えて来院した。来院時、呼吸数32/分。脈拍116/分、整。血圧92/58mmHg。顔貌は苦悶様である。左胸部で呼吸音は聴取されない。胸部エックス写真を以下に示す。
  • この患者の治療で最も重要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097F018]←[国試_097]→[097F020

098I050」

  [★]

  • 42歳の男性。鋳物工場の電気炉近くで作業中突然倒れ、救急車で搬入された。
  • 意識はない。体温40℃。呼吸数24/分。脈拍96/分、整。血圧162/90mmHg。発汗は認めず皮膚は乾燥している。筋肉のけいれんは認めない。
  • まず行うのはどれか。2つ選べ。
  • a. ぬるま湯による冷却
  • b. 酸素吸入
  • c. 降圧薬投与
  • d. 解熱薬投与
  • e. 輸液
[正答]


※国試ナビ4※ 098I049]←[国試_098]→[099A001

106B007」

  [★]

  • 在宅医療について正しいのはどれか。
  • a 薬剤師は訪問服薬指導を行うことができる。
  • b 家族は酸素吸入量を調整することができない。
  • c 介護者への精神的支援は在宅医療の対象でない。
  • d プライバシー保護のため患者の生活には立ち入らない。
  • e 医師は訪問診療を行うことを都道府県へ届け出る必要がある。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B006]←[国試_106]→[106B008

096G118」

  [★]

  • 病態と緊急処置の組合せで正しいのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 096G117]←[国試_096]→[096G119

100F060」

  [★]

  • 56歳の男性。意識障害(昏迷)のため救急車で搬入された。自殺を目的として、1時間前に除草剤のパラコートを飲んだ。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F059]←[国試_100]→[100G001

095A118」

  [★]

  • 夏季熱と診断した4か月の人工栄養児について最も適切な処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A117]←[国試_095]→[095A119

酸素」

  [★]

oxygen
空気
  • 大気中の乾燥空気に含まれる酸素 20.946%

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B0%97

麻酔科

参考1
  酸素 笑気 空気 二酸化炭素
医療ガス配管
ガスボンベの色(日本)      
ピンインデックス  ・
  
 ・
 ・

   ・
  ・

 ・  ・
   ・
 ・
  
ピン 2 2 3 2
角度(時計回り) 180 135 120 -90

参考

  • 1.
http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/me2/anzenkanri05.html



吸入」

  [★]

inhalationinhalinginhaleinhalationalsuctorial
吸引吸息吸入性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡