酸性ホスファターゼ測定

出典: meddic

acid phosphatase assay ACP assay
酸性ホスファターゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ユーロピウム(Europium)を標識物質としたDelfia PAPキットを用いた血清前立腺性酸性ホスファターゼ測定の検討
  • 秋元 晋,大木 健正,市川 智彦,赤倉 功一郎,島崎 淳
  • 泌尿器科紀要 40(11), 987-993, 1994-11
  • 1)測定検出感度は,0.2ng/mlであった。2) 46歳以上の男子成人の平均値+2SDは1.41ng/mlであったので,男子成人の正常上限値は1.5ng/mlとした。3)前立腺癌および前立腺肥大症より,診断効率,ROC曲線をえて,両者の鑑別が最も良好な2.5ng/mlを本キットのcut offとした。この結果,男子成人,前立腺癌,前立腺肥大症および前立腺癌以外の泌尿器科癌での異常値出現率は,それ …
  • NAID 120002156425

関連リンク

VI-(4)アルカリ性ホスファターゼ(ALP)標準品での測定 ...........................9. VI-(5)血液 サンプル調製方法による酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRACP). およびアルカリ性 ホスファターゼ(ALP)活性値比較 .............................11. VI-(6)血清サンプルの凍結 融解 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事酸性ホスファターゼ」「ホスファターゼ」「測定」「

酸性ホスファターゼ」

  [★]

acid phosphatase ACP
酸ホスファターゼ酸性フォスファターゼ酸フォスファターゼ
前立腺癌前立腺酸性ホスファターゼ
[show details]
  • 酸性条件下でリン酸モノエステルを加水分解する酵素
  • アイソザイムが存在するが、前立腺に特異的な酸性ホスファターゼ(PAP)は前立腺癌(や前立腺炎(のマーカーとして使われている。


ホスファターゼ」

  [★]

phosphatase, phosphoric monoester hydrolase
脱リン酸酵素脱リン酸化酵素リン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ
  • 生体分子のリン酸モノエステル結合を加水分解し、無機リンを遊離させる脱リン酸反応を触媒する酵素群


測定」

  [★]

measurementmeasuredetermineestimate、(水深を)fathom
基準計測決定、処置、推定程度定量判定評価見込み見積見積もる予算特定測定値尺度確定ファゾム


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡