酸化ストレス

出典: meddic

oxidative stress
酸化的ストレス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/16 09:05:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 椎茸菌糸体培養培地抽出物(LEM)の神経保護作用
  • 内臓脂肪型肥満の病態と包括的治療を考える (第43回内科学の展望 体質から生活までを考える代謝内科学) -- (病態と発症機序を考える)
  • 分子状水素によるマウス肝臓における遺伝子発現変化の解析

関連リンク

酸化ストレスとは 酸化ストレスとは、「酸化反応により引き起こされる生体にとって有害な作用」のことです。 酸化や還元といった言葉は日常よく耳にするのですが、きちんとした意味を知っている人は少ないかもしれません。
活性酸素と酸化ストレス 酸化ストレス(酸化的ストレス)とは、「生体の酸化反応と、抗酸化反応のバランスが崩れ、前者に傾き、生体にとって好ましくない状態」のことです。 呼吸(ミトコンドリアの呼吸鎖)で発生する活性酸素 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元酸化的ストレス
関連記事ストレス」「レス」「酸化

酸化的ストレス」

  [★]

oxidative stress
酸化ストレス


ストレス」

  [★]

stress
応力強調緊張力点

内分泌系への影響

  • 血中濃度上昇:成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、プロラクチン
  • 血中濃度低下:卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、エストロゲン



レス」

  [★]

loess
黄土


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡