酵母

出典: meddic

yeast
真菌Saccharomyces cerevisiae




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/04 01:50:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リグノセルロースからの高効率エタノール生産に向けた新規代謝改変酵母の創製 (特集 油脂資源増産に繋がる木質バイオマスの積極活用)
  • 蓮沼 誠久,近藤 昭彦
  • オレオサイエンス 14(3), 95-101, 2014-03
  • NAID 40019989178
  • 飼料用酵母Candida utilisによる焼酎蒸留粕排水の窒素除去と資源化の検討
  • 渡部 貴志,藤井 力,家藤 治幸 [他]
  • 日本醸造協会誌 109(2), 82-88, 2014-02
  • NAID 40019980209
  • 食品中の真菌数の迅速測定法の検討
  • 関屋 秀一,濱崎 芳活,内藤 成弘 [他]
  • 日本防菌防黴学会誌 = Journal of Antibacterial and Antifungal Agents 42(2), 55-61, 2014-02
  • NAID 40019978508

関連リンク

酵母(こうぼ)またはイースト(英語:yeast)は、広義には生活環の一定期間において 栄養体が単細胞性を示す真菌類の総称である。より一般的には食品などに用いられて 馴染みのある出芽酵母の一種サッカロマイセス セルビシエ(Saccharomyces cerevisiae) ...
酵母と酵素のことなら発酵生活へ。酵母とはについて解説しています。

関連画像

酵母とはなんですか?出芽酵母とは?パン酵母って、こういう形。酵母この画像はビール酵母。図1 出芽酵母細胞の光学顕微鏡

添付文書

薬効分類名

  • ウイルスワクチン類

販売名

ビームゲン (0.25mL)

組成

製法の概要

  • 本剤は、組換えDNA技術を応用して、酵母により産生されたHBs抗原を含む液にアルミニウム塩を加えてHBs抗原を不溶性とした液剤である。

組成

  • 本剤は、1バイアル(0.25mL製剤)中に次の成分を含有する。

有効成分

  • HBs抗原(B型肝炎ウイルス表面抗原):5μg

添加物

  • 水酸化アルミニウム:0.125mg以下
    ホルマリン(ホルムアルデヒド換算):0.01w/v%以下
    チメロサール:0.0025mg
    塩化ナトリウム:2.125mg
    リン酸水素ナトリウム水和物:0.645mg
    リン酸二水素ナトリウム:0.11mg

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • B型肝炎の予防
  • 通常、0.5mLずつを4週間隔で2回、更に、20?24週を経過した後に1回0.5mLを皮下又は筋肉内に注射する。ただし、10歳未満の者には、0.25mLずつを同様の投与間隔で皮下に注射する。
    ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。
  • B型肝炎ウイルス母子感染の予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)
  • 通常、0.25mLを1回、生後2?3箇月に皮下に注射する。更に、0.25mLずつを初回注射の1箇月後及び3箇月後の2回、同様の用法で注射する。
    ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。
  • HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)
  • 通常、0.5mLを1回、事故発生後7日以内に皮下又は筋肉内に注射する。更に0.5mLずつを初回注射の1箇月後及び3?6箇月後の2回、同様の用法で注射する。なお、10歳未満の者には、0.25mLずつを同様の投与間隔で皮下に注射する。
    ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。

一般的注意

  • B型肝炎ウイルス母子感染の予防及びHBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防には、抗HBs人免疫グロブリンを併用すること。
  • 本剤の3回目接種1?2箇月後1)2)を目途に抗体検査を行い、HBs抗体が獲得されていない被接種者には追加接種を考慮すること。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また、他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 本剤の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者
  • 妊娠又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への接種」の項参照)


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(血圧低下、呼吸困難、顔面蒼白等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群(いずれも頻度不明)

  • 症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 感染により血中に入ったB型肝炎ウイルスは、肝細胞に取り込まれ増殖するが、あらかじめB型肝炎ワクチンを接種して能動免疫が獲得されていると、血中に迷入したB型肝炎ウイルスは肝細胞に取り込まれる以前に血流中で中和され、肝炎の発症が防御される。
    B型肝炎ワクチンのチンパンジーを用いた抗体産生試験及びB型肝炎ウイルス感染防御試験においても、対象となったすべてのチンパンジーにHBs抗体の産生が認められ、十分な防御効果があることが報告されている6)


★リンクテーブル★
先読みyeast
リンク元真菌」「β-グルカン」「分裂酵母」「出芽酵母」「Saccharomyces cerevisiae
拡張検索酵母人工染色体ベクター」「酵母細胞壁マンナン」「活性炭・酵母エキス寒天培地」「不完全酵母
関連記事

yeast」

  [★] 酵母菌

WordNet   license wordnet

「a commercial leavening agent containing yeast cells; used to raise the dough in making bread and for fermenting beer or whiskey」
barm

WordNet   license wordnet

「any of various single-celled fungi that reproduce asexually by budding or division」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「イースト,酵母(パン種・ビール醸造用などに使う)」


真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    


β-グルカン」

  [★]

β-glucan
β-D-グルカン
  • 表記ゆれ(正しい表記を理解していないのか、単に統一されていないのかどっちなんだろう?)
(1→3)-β-D-glucan, 1,3-β-D-glucan, β-D-glucan, etc.
β-1,3-グルカン、β-グルカン、1,3-β-グルカン
  • ここでは、いずれも(1→3)-β-D-glucanを表すものとする。
  • 酵母では細胞壁成分にβ-グルカンが多い
  • 血中にβ-グルカンを見いだせば真菌の感染を示唆しうる


分裂酵母」

  [★]

fission yeastSchizosaccharomycesSchizosaccharomyces pombeS. pombeyeast Schizosaccharomyces pombe
Schizosaccharomyces spp.
分裂酵母類シゾサッカロミセスシゾサッカロミセス属シゾサッカロミセス・ポンベSchizosaccharomyces属酵母


出芽酵母」

  [★]

budding yeastSaccharomyces cerevisiaeS. cerevisiaeyeast Saccharomyces cerevisiae
酵母酵母菌属パン酵母ビール酵母サッカロミセス・セレビシアサッカロミセス目サッカロマイセス・セレビシエ


Saccharomyces cerevisiae」

  [★]

出芽酵母パン酵母酵母サッカロマイセス・セレビシエサッカロミセス・セレビシア

baker's yeastbrewer's yeastbudding yeastS. cerevisiaeSaccharomycesyeastyeast Saccharomyces cerevisiae


酵母人工染色体ベクター」

  [★]

yeast artificial chromosome vector
YACベクター, YAC vector
酵母酵母人工染色体 YAC yeast artificial chromosome


酵母細胞壁マンナン」

  [★]

yeast cell wall mannan
マンナンD-マンノースβ-グルカンキチン


活性炭・酵母エキス寒天培地」

  [★]

charcoal yeast extract agar medium
CYE寒天培地


不完全酵母」

  [★]

imperfect yeast
酵母


母」

  [★]

mother
母親




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡