酢酸イソブチル

出典: meddic

isobutylacetate


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/16 11:16:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 希釈剤を用いた多孔質セルロースゲルの調製と性質
  • 松本 和秋,本里 義明
  • 高分子論文集 60(11), 603-608, 2003
  • 酢酸イソブチルを主成分として, これとアルコールを含む混合希釈剤からなる混合溶液にプロピオン酸セルロースを溶かした溶液をポリ (ビニルアルコール) 水溶液に懸濁させた上で, 加熱し, 減圧蒸留により酢酸イソブチルを除去することにより混合希釈剤を含有するプロピオン酸セルロース球状粒子を得た. …
  • NAID 130004035565
  • エタノール水溶液中の微量の酢酸イソブチルおよびカプリル酸エチルの減圧気液平衡
  • 松山 清,三島 健司,九津見 正信 [他],籠田 直樹,川上 敦史,長谷 昌紀
  • 化学工学論文集 22(2), 420-423, 1996-03-10
  • … オスマー型気液平衡測定装置を用いて, 微量の酢酸イソブチルおよびカプリル酸エチルを含むエタノール-水系の定圧気液平衡を66.7kPaにて測定した.また, 測定データにおいて微量成分の平衡比<I>K</I><SUB>3</SUB>とエタノール濃度との関係を調べた.その結果, 液相のエタノール濃度が小さくなるほど平衡比<I>K</I><SUB>3</SUB>は大きくなることが分かった.また, 本研究で用いたエステルでは, …
  • NAID 10002668549
  • 新規梅酒の製造技術に関する研究
  • 高辻 渉,池本 重明,阪口 奉平,南 広己
  • 日本醸造協会誌 87(7), 533-537, 1992
  • … <BR>4.生成した発酵梅酒中には, クエン酸, リンゴ酸, 酢酸, コハク酸, 乳酸等の有機酸および酢酸イソブチル, イソアミルアルコール, 酢酸エチル等の香気成分が存在し, 従来の市販梅酒に比べ酒質のまろやかなワイン的な梅酒を造ることができた。 …
  • NAID 130004305683

関連リンク

酢酸イソブチル(さくさんイソブチル、isobutyl acetate)は、酢酸とイソブチルアルコール が脱水縮合した構造を持つエステルで、バナナの香気の主成分である。 引火性が高く、 空気と混合すると爆発の危険がある。α位がフェニル基で置き換わったフェニル酢酸 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事酢酸」「」「ブチル

酢酸」

  [★]

acetic acid acetate
acidum aceticum
カルボン酸
  • CH3COOH


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ブチル」

  [★]

butylBu
  • ブチル基
-CH2CH2CH2CH3




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡