酢酸

出典: meddic

acetic acid acetate
acidum aceticum
カルボン酸


  • CH3COOH


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/20 18:03:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 ミコナゾール硝酸塩含有液体石鹸による接触皮膚炎の1例
  • 大浪 千尋,角田 孝彦
  • 皮膚科の臨床 56(10), 1473-1475, 2014-10
  • NAID 40020232934
  • 酢酸リュープロレリン(3カ月持続徐放性製剤)皮下注射による異物肉芽腫の1例 (特集 薬疹・薬物障害・中毒疹)
  • 伊藤 倫子,飯島 茂子
  • 皮膚科の臨床 56(10), 1439-1444, 2014-10
  • NAID 40020232778
  • 腸内フローラと生体防御・免疫系 (特集 膠原病 : 最近のトピックス)

関連リンク

酸味料として利用されます。酸味料以外にも掃除に使ったり写真の現像停止液としても使用できます。 本品は酢酸29.0%~31.0%を含みま (
環境と体に優しい石鹸ライフのための情報サイト「石鹸百科」。こちらは石鹸百科アイテム事典、酢酸・お酢とはのページです。クエン酸に似た性質の酢酸・お酢について解説します。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 酢酸の用語解説 - 化学式 CH3COOH 。比重 1.049,食酢の中に3~5%含まれる。融点 16.6 ,沸点 118.5 。刺激性の酸味をもつ無色の液体。ほとんどすべての金属と塩をつくる。純度 99%以上のも ...

関連画像

酢酸誘導体とエタノールとの  技術分野での酢酸の検索結果ドッグ(犬)用品 薬用酢酸 酢酸「ヨシダ」 製剤写真一覧 薬用酢酸  富士酢酸(50

添付文書

薬効分類名

  • 血液代用剤

販売名

エスロンB注

禁忌

  • 高カリウム血症、乏尿、アジソン病、重症熱傷、高窒素血症のある患者[本剤はカリウムを含有するので血清カリウム値を上昇させることがある。]
  • 高リン血症、低カルシウム血症、副甲状腺機能低下症の患者[本剤はリンを含有するので血清リン値を上昇させることがある。]
  • 高マグネシウム血症、甲状腺機能低下症の患者[本剤はマグネシウムを含有するので血清マグネシウム値を上昇させることがある。]

効能または効果

効能又は効果

  • 経口摂取が不能又は不充分な場合の水分・電解質の補給・維持、エネルギーの補給。

用法及び用量

  • 通常、成人には1回500〜1,000mLを徐々に静脈内に点滴注入する。投与速度は通常成人ではマルトースとして1時間当たり0.5g/kg体重以下とする。
    なお、年齢・症状に応じて適宜増減する。


慎重投与

  • 高カリウム血症を伴わない腎不全のある患者[酸塩基平衡の異常、電解質異常が起こることがある。]
  • 心不全のある患者[体液量の過剰により心負荷となることがある。]
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[体液量が過剰となることがある。]

重大な副作用

アナフィラキシーショック(頻度不明):

  • アナフィラキシーショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、血圧低下、頻脈、蕁麻疹、潮紅等の症状が認められた場合には投与を直ちに中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

マルトース

  • 静脈内投与された二糖類のマルトースは、ブドウ糖と比べ生体内でゆっくり代謝され、エネルギー源として有効に利用される。2)COへの酸化率はブドウ糖と同様である。2)3)

酢酸ナトリウム

  • 酢酸ナトリウムは、肝臓以外でも容易に代謝されるため、重篤な肝疾患でも重炭酸への転換が阻害されない。4)


★リンクテーブル★
国試過去問101B063
リンク元コレステロール」「カルボン酸」「皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)」「コレステロールの生合成」「acetate
拡張検索2,4-ジクロロフェノキシ酢酸」「ジエチレントリアミン五酢酸インジウム」「デヒドロ酢酸」「2-アミノメチルピロール-3-酢酸-4-プロピオン酸
関連記事

101B063」

  [★]

  • 血中濃度が多臓器不全の進行の指標となるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B062]←[国試_101]→[101B064

コレステロール」

  [★]

cholesterol
コレステリン cholesterin
lipoprotein

分子式

  • C27H46O = 386.66

吸収

カイロミクロンに含まれる脂質は、血管内皮に存在するリポ蛋白リパーゼ(LPL)により分解されて脂肪酸を遊離し、コレステロールの比が高いカイロミクロンレムナントとなる。
  • 肝臓はカイロミクロンレムナントを取り込む

生合成

  • コレステロールは酢酸を原料として合成される。
acetyl-CoA→hydroxymethyl-glutaryl coenzyme A(HMG-CoA)-(HMG-CoA reductase)→mebaronate→・・・→コレステロール
コレステロールの生合成

体内循環

  • 肝臓は血液循環にVLDLを放出する
血液循環中のVLDLの脂質は、、血管内皮に存在するリポ蛋白リパーゼ(LPL)により分解されて脂肪酸を遊離し、コレステロールの比が高いIDLLDLとなる。
組織からはコレステロール比型が高いHDLが放出され、そのまま肝臓に取り込まれるか、IDLにコレステロールを渡すことでコレステロールの逆輸送を行っている(内因性の抗動脈硬化作用)。
  • 肝臓は血液循環からHDL, IDL, VDLを受容体を介して取り込む

排泄

  • 肝臓でコレステロールは胆汁酸に変換され、胆汁として排出される
see HBC.236
Lipoprotein Source Diameter
(nm)
Density
(g/mL)
Composition Main Lipid
Components
Apolipoproteins
Protein Lipid
(%) (%)
Chylomicrons Intestine 90~100 < 0.95 1~2 98.99 Triacylglycerol A-I, A-II, A-IV,1 B-48, C-I, C-II, C-III, E
Chylomicron remnants Chylomicrons 45~150 < 1.006 6~8 92.94 Triacylglycerol, phospholipids, cholesterol B-48, E
VLDL Liver (intestine) 30~90 0.95~1.006 7~10 90~93 Triacylglycerol B-100, C-I, C-II, C-III
IDL VLDL 25~35 1.006~1.019 11 89 Triacylglycerol, cholesterol B-100, E
LDL VLDL 20~25 1.019~1.063 21 79 Cholesterol B-100
HDL1 Liver, intestine, VLDL, chylomicrons 20~25 1.019.1.063 32 68 Phospholipids, cholesterol A-I, A-II, A-IV, C-I, C-II, C-III, D,2 E
HDL2   10~20 1.063~1.125 33 67    
HDL3   5~10 1.125~1.210 57 43    
Preβ-HDL3   < 5 > 1.210       A-I
Albumin/free fatty Adipose acids tissue   > 1.281 99 1 Free fatty acids  

基準値

脂質異常症→ 血清:Total-CHO≧220 mg/dl。LDL-C≧140 mg/dl。TG≧150 mg/dl。HDL-C<40 mg/dl

参考

  • 1.
[display]http://rockymuku.sakura.ne.jp/naibunnpitunaika/koresutero-runotanninokannzann.pdf



カルボン酸」

  [★]

carboxylic acid


カルボン酸の一覧

飽和脂肪酸
炭素数 慣用名 IUPAC名 化学式 備考
1 ギ酸 メタン酸 HCOOH アリ、ハチの毒
2 酢酸 エタン酸 CH3COOH
3 プロピオン酸 プロパン酸 CH3CH2COOH
4 酪酸 ブタン酸 CH3(CH2)2COOH 油脂が腐敗した臭い
5 吉草酸 ペンタン酸 CH3(CH2)3COOH
6 カプロン酸 ヘキサン酸 CH3(CH2)4COOH
7 エナント酸 ヘプタン酸 CH3(CH2)5COOH
8 カプリル酸 オクタン酸 CH3(CH2)6COOH
9 ペラルゴン酸 ノナン酸 CH3(CH2)7COOH
10 カプリン酸 デカン酸 CH3(CH2)8COOH
12 ラウリン酸 ドデカン酸 CH3(CH2)10COOH ココナッツ油
14 ミリスチン酸 テトラデカン酸 CH3(CH2)12COOH
16 パルミチン酸 ヘキサデカン酸 CH3(CH2)14COOH
17 マルガリン酸 ヘプタデカン酸 CH3(CH2)15COOH
18 ステアリン酸 オクタデカン酸 CH3(CH2)16COOH


皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)」

  [★]

商品

コレステロールの生合成」

  [★]

cholesterol biosynthesis, biosynthesis of cholesterol
コレステロール
  • コレステロールは酢酸を原料として合成される。
acetyl-CoA→hydroxymethyl-glutaryl coenzyme A(HMG-CoA)-(HMG-CoA reductase)→mebaronate→・・・→コレステロール



acetate」

  [★] 酢酸

WordNet   license wordnet

「a salt or ester of acetic acid」
ethanoate

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「酢酸(さくさん)塩;アセテート(酢酸人造絹糸)」


2,4-ジクロロフェノキシ酢酸」

  [★]

2,4-dichlorophenoxyacetic acid


ジエチレントリアミン五酢酸インジウム」

  [★]

111In-ジエチレントリアミン五酢酸


デヒドロ酢酸」

  [★]

dehydroacetic acid DHA


2-アミノメチルピロール-3-酢酸-4-プロピオン酸」

  [★]

  1. redirectポルホビリノゲン

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡