酒石酸

出典: meddic

tartaric acid
MS温シップMS冷シップアイファガンアポノールアミノレバンEN配合アリメジンイフェンプロジル酒石酸塩イブロノールエレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセロンオーラクリアミン配合サーカネッテン配合サルポグレラート塩酸塩ジフェニドール塩酸塩シプセロンゼグミューラーセリミックセレクナートセロクラールセロケンセロケンLゾルピデム酒石酸塩タラモナールチャンピックステクニステクネMAG3デトルシトールデンタカインカートリッジトラベルミン配合ナベルビンハーネシップバックスバリエースバルギンバロスヒシダリンヒルトニンヒルロックフレザニールプロチレリン酒石酸塩プロヘパール配合ペチロルファンヘパンED配合ボグニンマイスリーマルファ配合ミルサート冷シップメサフィリン配合メデピンメトプリックメトプロロール酒石酸塩メルコモンヨウアジールラクール冷シップリーバクト配合リスペリドンリンブレーンロゼウスロプレソールロプレソールSRロルファン酒石酸



  • C4H6O6。
  • IUPAC名:2,3-ジヒドロキシブタン二酸
  • 分子量150.09。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/11 20:51:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サーモンカルシトニンがメダカ破骨細胞に及ぼす影響
  • 山田 利恵,土門 卓文,井上 農夫男,野谷 健治
  • 北海道歯学雑誌 33(2), 168-174, 2013-03-00
  • … L-15培地中で24時間培養した.その後,培地中で10-6~10-10g/mlになるように5段階の濃度のsCTを添加し,1または3時間培養し,実験群とした.sCTを添加しないものを対照群とした.培養後,試料において酒石酸耐性酸性フォスファターゼ(TRAP)活性反応を検出し光学顕微鏡で観察した.咽頭骨の器官培養は分離培養と同様のsCTの濃度と時間で培養したものを実験群とし,sCTを添加しないものを対照群とした.培養終 …
  • NAID 120005228500
  • 圧縮力が破骨細胞分化に与える影響
  • 福島 久夢,吉村 善隆,出山 義昭,鈴木 邦明,飯田 順一郎
  • 北海道歯学雑誌 33(2), 94-102, 2013-03-00
  • … ,圧縮力として細胞層上にシリコン製の円筒を乗せた.重さの調節は円筒内にステンレススチールを入れ,圧縮力は0.5,1.0 g/cm2,作用時間は0,15,30,60,90分とした.一定期間培養後,圧縮力を作用させ,酒石酸耐性酸性ホスファターゼ染色し,破骨細胞数および巨大破骨細胞数(8核以上)を測定した.圧縮力を作用させた群をCF群,作用させない群を対照群とした.培養3日目に圧縮力を作用させた場合,対照群 …
  • NAID 120005228493
  • 新薬くろ~ずあっぷ(140)アイファガン点眼液0.1%(ブリモニジン酒石酸塩)
  • 古俵 孝明,後藤 伸之
  • 調剤と情報 = Rx info 18(12), 1855-1860,1880, 2012-11-00
  • NAID 40019479553

関連リンク

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、酒石酸 500gを 食品・飲料・お酒ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
酒石酸(しゅせきさん Tartaric acid)は酸味のある果実、特に葡萄、ワインに多く含まれる有機化合物で、示性式が HOOC−CH(OH)−CH(OH)−COOH と表されるヒドロキシ酸である。IUPAC命名法では 2,3-ジヒドロキシブタン二酸(2,3 ...
解説 酒石酸は、代表的な食品用の有機酸の1つで、やや渋味を伴った酸味がある。自然界では、ブドウなどの植物を中心に広く常在している。食品では、ワインの中に多く含まれており、時には、そのカリウム塩が酒石として沈殿を ...

関連画像

種の酒石酸メソ酒石酸酒石酸 50g 【6セット】 - 拡大 ワインには時折酒石酸が  植物生育阻害物質はL-酒石酸 した酒石酸水素カリウムの結晶 酒石酸 が びっしり と 付いてメソ酒石酸

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛・消炎温感パップ剤

販売名

MS温シップ「タカミツ」

組成

成分・含量

  • 膏体100g(700cm2)中
    「日局」サリチル酸メチル 1.0g
    「日局」dl-カンフル 0.5g
    トウガラシエキス 0.165g

添加物

  • ポリアクリル酸部分中和物、濃グリセリン、D-ソルビトール液、カルボキシビニルポリマー、モノラウリン酸ソルビタン、ヒマシ油、カオリン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、エデト酸ナトリウム水和物、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、カルメロースナトリウム、乾燥水酸化アルミニウムゲル、酒石酸

禁忌

次の患者には使用しないこと

  • 本剤に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記における鎮痛・消炎
     捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、骨折痛
  • 表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する。
  • 1日1〜2回使用する。

薬効薬理

抗炎症作用

  • ラットにおける毛細血管透過性亢進抑制作用、急性ラット後肢足蹠浮腫抑制作用、熱炎症抑制作用、アジュバント関節炎抑制作用、モルモットにおける紫外線紅斑抑制作用による抗炎症作用などの実験において抗炎症作用が認められた。1),2)

鎮痛作用

  • マウスにおけるD'Amour-Smith法、ラットにおけるRandall & Selitto法による鎮痛作用などの実験において鎮痛作用が認められた。1),2)

有効成分に関する理化学的知見

  • 「日局」サリチル酸メチル

一般名

  • Methyl Salicylate サリチル酸メチル

化学名

  • Methyl 2-hydroxybenzoate

分子式

  • C8H8O3

分子量

  • 152.15

性状

  • 本品は無色〜微黄色の液で、強い特異なにおいがある。本品はエタノール(95)又はジエチルエーテルと混和する。本品は水に極めて溶けにくい。
  • 「日局」dl-カンフル

一般名

  • dl-Camphor dl-カンフル
    「日局別名」合成樟脳

化学名

  • (1RS,4RS)-1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-ol

分子式

  • C10H16O

分子量

  • 152.23

融点

  • 175〜180℃

性状

  • 本品は無色又は白色半透明の結晶、結晶性の粉末又は塊で、特異な芳香があり、味はわずかに苦く、清涼味がある。本品はエタノール(95)、ジエチルエーテル又は二硫化炭素に溶けやすく、水に溶けにくい。本品は室温で徐々に揮散する。
  • トウガラシエキス
  • 本品は褐色〜赤褐色の軟エキスで、特異なにおいがあり、味はトウガラシ特有の苛烈な辛味がある。


★リンクテーブル★
先読みリスペリドン」「メサフィリン配合」「テクネMAG3」「プロヘパール配合」「マルファ配合
リンク元tartrate」「矯味,矯臭,着色剤」「バロス」「酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ」「バリトゲン
拡張検索重酒石酸エピネフリン」「酒石酸アンチモンナトリウム」「酒石酸ブトルファノール
関連記事」「酒石

リスペリドン」

  [★]

risperidone
リスパダール Risperdal
抗精神病薬非定型抗精神病薬精神神経用剤
  • SDA serotonin dopamine antipsychotic




メサフィリン配合」

  [★] 銅クロロフィリンナトリウム(銅クロロフィリン)、プロパンテリン臭化物(プロパンテリン)、ケイ酸マグネシウム(ケイ酸)

消化性潰瘍用剤


テクネMAG3」

  [★]

メルカプトアセチルグリシルグリシルグリシンテクネチウム(99mTc)
(ベンゾイルメルカプトアセチルグリシルグリシルグリシン)
放射性医薬品

プロヘパール配合」

  [★] イノシトール塩酸システイン肝臓加水分解物重酒石酸コリンシアノコバラミン


マルファ配合」

  [★] 水酸化アルミニウムゲル(酸化アルミニウム)、水酸化マグネシウム

制酸剤

tartrate」

  [★]

酒石酸酒石酸塩酒石酸エステル

sodium tartratetartaric acid

WordNet   license wordnet

「a salt or ester of tartaric acid」

矯味,矯臭,着色剤」

  [★]

商品

バロス」

  [★] (バロス消泡内用液2%)ジメチルポリシロキサン

酒石酸炭酸水素ナトリウムジメチコン


酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ」

  [★]

tartrate-resistant acid phosphatase, TRAP
酒石酸酸ホスファターゼ

バリトゲン」

  [★]

酒石酸炭酸水素ナトリウム硫酸バリウムジメチコン


重酒石酸エピネフリン」

  [★]

epinephrine bitartrate
アドレナリンエピネフリン酒石酸水素エピネフリン

酒石酸アンチモンナトリウム」

  [★]

antimony sodium tartrate


酒石酸ブトルファノール」

  [★] ブトルファノール


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

酒石」

  [★]

tartar
歯石




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡