還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

出典: meddic

reduced nicotinamideadenine dinucleotide NADH
還元型NAD reduced NAD
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド NAD NAD+



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • チオニン吸着カーボンフェルトを用いるフロースルー型電気化学検出器による還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドのフローインジェクション分析(<特集>流れを利用する新しい分析技術)
  • 長谷部 靖,白井 貴行,長島 知宏 [他],顧 〓,内山 俊一
  • 分析化学 54(12), 1197-1204, 2005-12-05
  • … 微小カーボン繊維の3次元集積体である多孔性カーボンフェルト(CF)にチオニン(TN)を吸着固定化し, 還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)のフローインジェクション分析(FIA)のための電気化学検出器を作製した.ピーク電流値を指標とするNADHのフローアンペロメトリーの最適条件は, 印加電位+0.2V (vs. Ag/AgCl), キャリヤー流量2.5ml min^<-1>, pH8.0, であり, 試料注入量が200μlのとき, ピーク電流値をもとに作製した …
  • NAID 110002973730
  • 2. NADH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド) : 栄養補助食品として登場
  • 臨床化学分析における新規な酸化及び還元発色試薬の開発(関東支部創立40周年紀念)
  • 溝口 誠,石山 宗孝,志賀 匡宣 [他],佐々本 一美
  • 分析化学 45(2), 111-124, 1996-02-05
  • … 酵素的測定法に用いられる酵素はほとんどが酸化酵素(オキシダーゼ)か還元酵素(デヒドロゲナーゼ)で, それぞれ, 反応によって生じる過酸化水素, 還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH), あるいは還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADPH)を発色法によって検出する.検出には酸化あるいは還元発色試薬が用いられる.酸化発色試薬はこれまでアニリン誘導体であるトリンダ …
  • NAID 110002907012

関連リンク

NADH( 天然CoQ10 )還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド NADHはNicotinamide adenine dinucleotide(ニコチンアミド アデニン ジヌクレオチド)の略です。 これだけみても、いったい何なのか訳がわからないのではないかと思います。
NADH(天然CoQ10 )還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド 10タブレット NADHはNicotinamide adenine dinucleotide(ニコチンアミド アデニン ジヌクレオチド)の略です。NADH は脳、神経、筋肉、心臓、およびその他あらゆる臓器が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みNAD
リンク元NADH」「reduced NAD」「還元型NAD」「reduced nicotinamideadenine dinucleotide
拡張検索還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸
関連記事ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」「アデニン」「ニコチン」「」「還元

NAD」

  [★]


NADH」

  [★] 還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド reduced nicotinamideadenine dinucleotide reduced NAD

reduced NAD」

  [★] 還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

還元型NAD」

  [★] 還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

reduced nicotinamideadenine dinucleotide」

  [★] 還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸」

  [★]

reduced nicotinamideadenine dinucleotide phosphate, NADPH
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」

  [★]

nicotinamide adenine dinucleotide, NAD, NAD+
ビタミンビタミンB3ナイアシンニコチン酸ニコチンアミドNADP

機能

補酵素

  • 酸化還元酵素の補酵素 プロトンのキャリアー(あるいは電子受容体)と考えることができる。
NAD+ + H+ + 2e- → NADH
NAD+ + AH2 → NADH + H+ + A</span>
  • TCA回路や脂肪酸のβ酸化で用いられる。
  • ニコチンアミドに由来するピリジン環でプロトンを受容する。

基質

NAD and NADP are active in adenine diphosphate–ribose transfer reactions involved in DNA repair and calcium mobilization(HIM.443)
  • DNAリガーゼ
  • ADPリボシル反応

生合成

  • 肝臓
  • 1. トリプトファン → キノリン酸 →
  • 2. ニコチン酸、ニコチンアミド →

NADとNADHの比

  • 組織が十分に酸素を得ているとき:↑NAD/NADH  ← 生成された還元力が酸化的リン酸化によるATPの産生に十分使われている状態
  • 梗塞や運動時:↓NAD/NADH

NADHとNADPHの比

  • NADH:異化:各種の基質の還元剤 → 基質を脱水素しエネルギーを得る
  • NADPH:同化:合成反応の還元剤

臨床関連

  • NADの欠乏



アデニン」

  [★]

adenine Ade
6-アミノプリン 6-aminopurine
ロイコン
(採血バック):カーミAMAP液カーミCA液カーミCリューコトラップMAPセパセルインテグラC-MAPセパセルインテグラCAセパセルインテグラMAPテルモ血液バッグCPDAテルモ血液バッグMAP液
プリンプリン塩基
  • 核酸のプリン塩基の一種。


ニコチン」

  [★]

nicotine
nicotinum
ニコレットニコチネルTTS
他に分類されない治療を主目的としない医薬品


作用

  • 自律神経節に作用、、、結果として血圧を上昇させる。

臨床関連


型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型

還元」

  [★]

reduction
酸化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡