遺伝毒性発癌物質

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • グリシドール及びグリシドール脂肪酸エステルによるラット乳腺腫瘍発生修飾作用の検討

関連リンク

「がん」と「遺伝毒性発がん物質」 正常な細胞は、遺伝子の働きで細胞の増殖がうまくコントロールされています。ところが、この細胞の遺伝子が何らかの理由で突然変異を起こすと、細胞増殖のコントロールができなくなり無秩序な ...
発がん物質のリスク評価の歴史 化学物質でがんができる 動物実験でがんができる化学物質を禁止 遺伝毒性による発がんメカニズム解明 非遺伝毒性発がん物質については無影響量が設定できる 遺伝毒性発がん物質についても定量的 ...

関連画像

カルビー、来春韓国の新工場が 図3 遺伝毒性発がん物質(閾値


★リンクテーブル★
関連記事遺伝」「発癌物質」「物質」「発癌」「遺伝毒性

遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


発癌物質」

  [★]

carcinogenchemical carcinogen
がん原物質癌原物質発がん剤発癌剤発がん物質化学発癌剤化学発癌物質化学変異原発癌性物質



物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス

発癌」

  [★]

carcinogenesis, oncogenesis
発癌物質


-carcinogenesis


遺伝毒性」

  [★]

genotoxicitygenetic toxicitygenotoxic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡