遺伝子再配列

出典: meddic

gene rearrangement
遺伝子再構成再配列 rearrangement

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 予備的研究 : 原爆被爆者肺腺がんにおけるALK遺伝子再配列の解析 (第54回原子爆弾後障害研究会特集号)
  • 多賀 正尊,向井 真弓,小山 和章 [他]
  • 広島医学 67(4), 361-364, 2014-04
  • NAID 40020092389
  • PP-085 前立腺癌におけるERG遺伝子再配列による融合遺伝子の検出に関する研究(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 松村 善昭,菅野 康吉,川島 清隆,新保 正貴,稲葉 裕之,明山 達哉,田中 洋造,三宅 牧人,田中 宣道,藤本 清秀,平尾 佳彦
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 417, 2011-03-20
  • NAID 110008612459
  • 一般演題 38 改良型SMART RACE法のホルマリン固定-パラフィン包埋甲状腺がん組織より抽出したRNAへの適用:被爆者甲状腺がんにおけるRET/PTC8の検出
  • 濱谷 清裕,林 雄三 [他],小山 和章 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 81(特集号), 346-349, 2006-09
  • … RET遺伝子再配列の解析は,原爆被爆者における甲状腺がんの分子生物学的研究で最も重要な問題の1つである。 … したがって,既知のRET遺伝子再配列だけではなく,新しいRET遺伝子再配列の検出も可能にするためにSMARTtm技術(Switching Mechanism 5' End of RNA Template)を応用することにより,ホルマリン固定-パラフィン包埋甲状腺がん組織から抽出されたRNAを用いた 5'RACE方法を確立した。 …
  • NAID 110006226533

関連リンク

再配列は、比較的遺伝子の広い部分に影響し、そして一般的に再配列された断片が、 染色体の別の部分(又は、別の染色体)に影響し、そしてそのため機能を失う突然変異 の種類です。ですから、その場にとどまる破片は通常より短いです。---(遺伝子用語 ...
4 免疫グロブリンの多様性. 4.1 V(D)J遺伝子再構成 (gene rearrangement); 4.2 体 細胞超変異 (somatic hypermutation; SHM); 4.3 遺伝子変換 (gene conversion); 4.4 クラススイッチ組み換え (class switch recombination; CSR). 5 抗体医薬; 6 関連項目 ...

関連画像

複製は誤りがちで逆位反復配列 複製は誤りがちで逆位反復配列 球状になろうとし、そのの外 また braf 遺伝子 の 再 配列 も 異質4倍体である 図2.遺伝子再集合によるシュ


★リンクテーブル★
先読みrearrangement」「遺伝子再構成
関連記事配列」「遺伝」「遺伝子」「再配列」「

rearrangement」

  [★]

  • n.
dislocationectopiamigratemigrationmigratoryrearrangereconstitutereconstitutionreformreformationreorganizationreorganizetranslocationtransposetranspositiontranspositional

WordNet   license wordnet

「changing an arrangement」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「再整理,再配列」


遺伝子再構成」

  [★]

gene rearrangement
  • B細胞やT細胞の分化の過程でおこり、BCRやTCRの多様性を生み出す

臨床関連


配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。



遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



再配列」

  [★]

rearrangementrearrange
再構成再編成転位再編


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡