選択的COX-2阻害薬

出典: meddic

非ステロイド性抗炎症薬


メリット

前述の通り従来のNSAIDsではCOX-1を阻害してしまうため、重篤な消化管傷害を生じる。COX-2選択阻害薬はNSAIDsと同じ抗炎症、解熱、鎮痛作用を有するが、消化管に対する副作用に関してはCOX-1を阻害しないことで組織保護作用が働き、安全であると考えられている。 しかし、長期投与に対する安全性は知られておらず、rofecoxibは高血圧、腎不全、心不全等心血管系、腎臓系に有害作用をもつことがわかっている。また、矢島らはCOX-2選択阻害薬に関しても50%異常に胃粘膜傷害が認められ、従来のNSAIDsに対する優位性はなかったと報告している。 胃粘膜傷害とは別に、関節リウマチは自己免疫反応によって、COX-2発現を促すTNF、増殖因子、インターロイキンなどを放出する炎症を生じるため、COX-2選択阻害薬を処方することは理にかなっているといえる。 出典NSAIDs長期服用患者における胃粘膜傷害の発症状況に関する疫学調査,矢島 弘嗣 他,Therapeutic Reserch,2006,vol.27,no.6,1211-1217

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 薬物療法--有用性と副作用対策を中心に 非ステロイド系抗炎症薬 (関節リウマチ(第2版)--寛解を目指す治療の新時代) -- (関節リウマチの治療)
  • 田中 菜穂子,川合 眞一
  • 日本臨床 68(-) (978), 361-364, 2010-05
  • NAID 40017090053
  • NSAID/アスピリン潰瘍 (特集 抗潰瘍薬の使い方) -- (抗潰瘍薬が投与される疾患)
  • 三宅 一昌,坂本 長逸
  • 診断と治療 97(6), 1164-1170, 2009-06
  • NAID 40016799416
  • セミナー NSAID(アスピリン)不耐症の考え方と対応法

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事C」「選択」「」「cox」「CO

C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

選択」

  [★]

selectionchoiceoptionselectchooseoptselectiveelectiveoptional
選ぶ、選挙、選択肢選択性選択的任意オプション選抜セレクション選定待期的随意
淘汰


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


cox」

  [★]

WordNet   license wordnet

「act as the coxswain, in a boat race」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=coxswain」


CO」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Colorado」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡