過剰骨

出典: meddic

supernumerary bone

和文文献

  • 観血的治療を要した有痛性Os intermetatarseumの1例
  • 渡邉 長和,佐野 弥生,中島 育昌
  • 関東整形災害外科学会雑誌 27(1), 48-51, 1996-02
  • NAID 10004931595
  • 足関節周囲過剰骨の関節内鏡視所見

関連リンク

過剰骨 (かじょうこつ、supernumerary bone) 過剰骨は、系統発生の過程で存在した骨が退化し残存したもの。足部周辺に多く、外脛骨は過剰骨の中で最も頻度が高く、約20%にみられる。ついで多いのは三角骨である。
ヒト, 専門, 足病学, 病理学, 足の病変, ... 内面図脛骨内側 過剰骨の10% 距骨後部の三角骨 過剰骨の8% 補立方骨または腓骨 過剰骨の7% 余分な踵骨 きわめて稀

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事過剰」「

過剰」

  [★]

excessexcessiveexcesssupernumerarysurplussuperfluousexcessively、(pref)hyper


骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡