運動麻痺性膀胱

出典: meddic


和文文献

  • Human T-lymphotropic virus type-I (HTLV-I) associated myelopathyにおける自律神経機能
  • 千田 康博,本田 仁,關本 洋一,古池 保雄,松岡 幸彦,高橋 昭
  • 日本内科学会雑誌 77(6), 839-841, 1988
  • … 排尿困難や尿失禁を呈したHTLV-I associated myelopathyの33才,女性例において自律神経機能検査を実施した.その結果, urodynamic studyでは運動麻痺性膀胱の所見が明らかにされ,脊髄ないし末梢性の障害が進察された.また,起立試験では“起立性高血圧”の傾向を示したことが特異であり,起立中の交感神経緊張状態が示唆された.その他の自律神経機能検査結果には有意な異常はみられなかった. …
  • NAID 130000901167

関連リンク

神経因性膀胱には、無抑制神経因性膀胱・反射性神経因性膀胱・自立神経因性膀胱・知覚性麻痺膀胱・運動性麻痺膀胱の5つに分類される。 1)無抑制神経因性膀胱 病態 脳血管障害 医療.AUGKING-LAB.INFO 0 Tweet 膀胱の 機能 ...
無抑制膀胱、反射性膀胱、自律性膀胱、知覚麻痺性膀胱、運動麻痺性膀胱 の5型が広く用いられている分類である。排尿をつかさどる神経(下腹神経、 骨盤神経、陰部神経)とその中枢のいずれかの器質的または機能的障害に

関連画像

治療法の決め方多発性硬化症の頭部MRIのT2強調 介護福祉士に合格しよう!障害、下肢の弛緩性麻痺、膀胱 やはり同側に運動麻痺・ 深部  麻痺,膀胱・直腸障害


★リンクテーブル★
関連記事膀胱」「運動麻痺」「麻痺

膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈






運動麻痺」

  [★]

motor paralysis
麻痺

運動麻痺の鑑別

2007年度後期解剖学授業プリント、SP.369、2007年度前期生理学授業プリント-大脳皮質T8-

  上位運動ニューロンの障害 下位運動ニューロンの障害
筋力低下
筋萎縮 ×
線維束性攣縮 ×
腱反射
筋緊張
  痙性麻痺 弛緩性麻痺
  • 「上位運動ニューロンの損傷の諸症状は、下位運動ニューロンに対する抑制性の入力が無くなるから」ということで説明できる?
  • 「下位運動ニューロンにおける筋萎縮は下位運動ニューロンによる自発的発火が減少するから」ということで説明できる?

IMD.659

YN.J47

麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡