運動機能評価法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 体重支持指数(WBI)とハムストリングスの関係性 筋力、位置覚、伸張性に着目して
  • 藤原 賢吾,松岡 健,岩本 博行,江口 淳子,中山 彰一
  • 日本理学療法学術大会 2012(0), 48101797-48101797, 2013
  • … 【目的】絶対的運動機能評価法として用いられる体重支持指数(Weight Bearing Index:以下WBI)は、体重と大腿四頭筋(以下Quad)筋力の絶対関係から導き出され、筋力/体重比に処理することで人種・年齢・性別に左右されない物理学的客観性をもつ。 …
  • NAID 130004585940
  • High-resolution manometry による新しい食道運動機能評価法
  • 本郷 道夫,町田 知美
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 109(5), 703-709, 2012-05-05
  • 多数の微小トランスデューサを連ねることで,消化管内圧を連続した空間での測定を可能にしたhigh-resolution manometry(HRM)は,これまでの消化管内圧測定では得られなかった新しい側面を明らかにしつつある.食道筋層の収縮によって得られる食道内圧を食道全体で連続的に観察記録し,カラーによる地図状の等高線表示をするトポグラフィーによって表示することで,食道運動にこれまでに知られていな …
  • NAID 10030650823

関連リンク

運動器の機能向上マニュアル 目次 1. 1 本マニュアルのねらい 2. 「運動器の機能向上」の重要性 3 2.1. これまでの取組 3 2.2. これからの取組が目指すべき基本的考え方 3 2.3. 運動器の機能向上プログラムの効果に関する総合的 ...
【必修:2年次】 専門教育科目/専門科目 基本的な身体機能を検査を学びます。基本的身体機能である関節可動域、筋力、体性感覚、腱反射、異常反応を評価する目的、適用対象について知り、検査技術を学びます。 関節可動域測定 ...

関連画像

 の機能的評価表と評価のやり方最先端・次世代研究開発支援 長谷川式簡易知能評価スケール  筋疾患研究班によるADL評価法


★リンクテーブル★
関連記事評価」「機能」「」「動機」「機能評価

評価」

  [★]

evaluationcharacterizationassessmentestimationappreciationappraisaljudgment、(英)judgementevaluateappreciateassessestimateappraisevalue
アセスメント意見価値感謝キャラクタリゼーション査定試験調べる審査特徴づけ診断推定測定認識判断判定評論描写見込み見積見積もる認める予算、理解、性質決定鑑定影響評価推計



機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


動機」

  [★]

motive
モチーフ
輸送性


機能評価」

  [★]

functional assessment




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡