運動失調性構音障害

出典: meddic

ataxic dysarthria。 (ataxic speechも同じ?)
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

失調性構音障害の患者の発話はどんなものか?・・・・一言で言ってしまえば・・・それは、「酔っ払いがしゃべっている」ような発話である。 酔っぱらったようなしゃべりというのは、たとえば、数語ずつ、途切れ途切れで ...
タイプと原因 ・痙性構音障害:両側性の上位運動ニューロン障害(核上性障害) ・弛緩性構音障害:下位運動ニューロン障害(運動単位の障害) 運動単位:下位運動ニューロンと支配されている筋線維
52:997 <シンポジウム(1)―9―4>小脳症状とは何か 小脳と構音障害 生井友紀子 (臨床神経2012;52:997-1000) Keywords:失調性構音,運動障害性構音障害,断綴性発話,日本語文,音響分析 小脳性疾患の臨床症状のひとつと ...


★リンクテーブル★
リンク元不明瞭発語
関連記事運動失調」「障害」「構音障害」「失調」「

不明瞭発語」

  [★]

slurred speech
運動失調性構音障害、発話


運動失調」

  [★]

ataxia
協調運動障害 incoordination
[[]]

定義

  • 筋の麻痺などがないにもかかわらず、協調運動が障害されるために運動がうまく行えないこと

分類

部位

  • 1. 深部感覚障害(脊髄後索型、脊髄後索性)(脊髄性失調)
  • 深部感覚の伝導路の障害
  • 2. 小脳性運動失調(小脳失調)
  • 小脳、および小脳への入力系および出力系の障害による協調運動障害。
ex. dentatorubrothalamic tract
  • 3. 前庭迷路系の障害(前庭性失調)
  • 起立や歩行に対する平衡障害が中心で、四肢の運動は障害されない。
  • 4. 前頭葉性失調

情報の伝達方向

  • 1. 小脳の求心路(末梢神経から脊髄後索、前庭迷路系)
  • 2. 小脳
  • 3. 小脳からの遠心路

小脳性運動失調と脊髄性運動失調の鑑別

  小脳性運動失調 脊髄性運動失調
深部感覚障害
Romberg徴候
ジスメトリー 最後には目標物に達する  
振戦 企図振戦 粗大振戦
歩行 酩酊様歩行 踵打歩行
言語障害 構音障害
眼振



障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症



構音障害」

  [★]

arthr
anathria, dysarthria, articulation disorders


原因別
  • 器質的構音障害
  • 運動失調性構音障害/麻痺性構音障害
  • 聴覚障害性構音障害
  • 機能的構音障害



失調」

  [★]

ataxia
運動失調失禁 incontinenceincontinent失調症

概念

  • loss of coordination of the muscles
  • 円滑に行われるべき運動行為が円滑に行えない状態



害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡