遊離組織因子経路インヒビター

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

他方で、組織因子経路インヒビター(TFPI、注1)を合成して、血栓形成の主要な経路で ある外因系血液凝固を抑制する。 ... た時、活性化された好中球由来のエラスターゼなど により、トロンボモジュリン(TM)は分解され、可溶性蛋白質として血液中に遊離される。
フィブリンの C 末端リジンに結合することにより、結合していた NTP は遊離しloose で 活性化されやすい高次構造に変化する。 .... TFPIは、組織因子経路インヒビター、または 外因系凝固インヒビターと呼ばれ、組織因子・活性型血液凝固第VII因子(TF/VIIa)複合 ...

関連画像

 の遊離脂肪酸の放出を促進6.血小板と血液凝固血液・呼吸器内科のお役立ち  経路 : ライフサイエンス 新着


★リンクテーブル★
関連記事組織因子」「組織」「遊離」「経路」「因子

組織因子」

  [★]

tissue factor TF
第III因子factor III
血液凝固因子組織トロンボプラスチン


  • 組織で産生される
  • 糖タンパク質
  • 45kDa
  • 外因系カスケードの起点となる
  • 第VII因子を活性化し(第VIIa因子)、また複合体を形成して以下の反応を起こす
第X因子の活性化
第IX因子の活性化


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織



遊離」

  [★]

releaseliberationreleaseliberatedisengagefree
解放、自由取り除く放出無料遊離型離脱含まない自由にするフリーリリース


経路」

  [★]

pathwayroute
ルートパスウェイ


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡