遊離筋皮弁

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 側頭骨外側部分切除後に遊離前外側大腿皮弁を用いて 鼓室・外耳道再建を行った 2 例
  • 重症虚血肢に対する集学的治療症例の検討

関連リンク

手術終了時には良好に見えた組織の血流が障害されることがあります。原因はさまざまですが、血管同士をつないだところに血栓(血液の塊)ができる事が最も大きな要因です。図22は静脈血栓のためうっ血に陥った皮弁の状態です。
1.皮弁とは 皮弁とは、組織欠損を覆う手術で用いる「血流のある皮膚」のことです。血流の源は隣接する皮膚や皮下組織からのもの(局所皮弁、皮下茎皮弁)、直下の筋膜や筋肉からのもの(筋膜皮弁、筋皮弁)、皮膚自体を栄養 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事遊離」「皮弁」「筋皮弁

遊離」

  [★]

releaseliberationreleaseliberatedisengagefree
解放、自由取り除く放出無料遊離型離脱含まない自由にするフリーリリース


皮弁」

  [★]

flap,cutaneous flap ,skin flap, surgical flap
皮膚弁、有茎皮弁 pedicle flap
フラップ島状皮弁遊離植皮術



筋皮弁」

  [★]

musculocutaneous flap, myocutaneous flap, muscle cutaneous flap
M-C皮弁 M-C flap





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡