遊離フェニトイン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

フェニトインは血中でタンパク結合型と遊離型として存在しているが、薬理活性を示すの は遊離型である。病態の変化や薬物間相互作用等のタンパク結合に異常があると考え られる場合、総血中濃度と臨床状態が一致しない場合は、遊離濃度の測定が参考と ...
遊離フェニトイン; 遊離バルプロ酸; ジギトキシン; キニジン; プロカインアミド; N-アセチル プロカインアミド; トブラマイシン; アミカシン; バンコマイシン; サリチル酸; アセトアミノ フェン ... 119, 5495 0, 遊離フェニトイン, 検査方法, 限外ろ過法KIMS, 限外ろ過法FPIA ...

関連画像

フェニトインこの部位に用いるクラスプで  フェニトイン、バルプロ酸検査内容変更のお知らせ


★リンクテーブル★
関連記事フェニトイン」「遊離

フェニトイン」

  [★]

phenytoin PHT
phenytoinum
ジフェニルヒダントイン diphenylhydantoin DPH
アレビアチンフェニトインNヒダントールホストインDilantin複合アレビアチン配合
抗痙攣薬不整脈治療薬
  • Ib群

構造

作用機序

  • 不活性化状態のNaチャネルに結合 (SPC.186)

薬理作用

抗てんかん薬

  • てんかん発作波の出現は抑制しない(けいれん閾値は変化しない)
  • 異常発射の焦点から周辺への伝播を押さえる

抗不整脈薬

作用はリドカインに似るが、作用は弱い。

動態

  • 肝臓

適応

欠神発作では増悪
  • QT延長に伴う心室性不整脈、ジギタリス不整脈

注意

  • 血中濃度に注意する
血中濃度を幻覚にコントロールすべき薬物:テオフィリンフェニトインジゴキシン

禁忌

副作用

  • 歯肉増殖症、緩急振戦、運動失調、複視、多毛症、皮疹、大球性貧血

相互作用

遊離」

  [★]

releaseliberationreleaseliberatedisengagefree
解放、自由取り除く放出無料遊離型離脱含まない自由にするフリーリリース




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡