遊離バルプロ酸

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 唾液中の遊離バルプロ酸(VPA)濃度測定の有用性
  • 上島 雅彦,管 るみ子,上野 卓弥,宮本 百合子,渡部 学,丹羽 真一,三浦 裕,吉田 浩
  • 日本てんかん学会プログラム・予稿集 (36), 168, 2002-09-11
  • NAID 110006375594
  • Clinical significance of measurement of % free valproic acid in epileptic children : (小児てんかん患児における血中遊離バルプロ酸%分画測定の臨床的意義)
  • 王 本栄,泉 達郎,福山 幸夫,Jung WANG Pen,IZUMI Tatsuro,FUKUYAMA Yukio
  • 東京女子医科大学雑誌 63(臨時増刊), E216-E219, 1993-10-25
  • NAID 120002360489

関連リンク

バルプロ酸は血中でタンパク結合型と遊離型として存在しているが,薬理活性を示すのは遊離型である.病態の変化や薬物間交互作用等のタンパク結合に異常があると考えられる場合, 総血中濃度と臨床状態が一致しない場合は遊離濃度の ...
ご使用に際しては、本添付文書をよくお読みください。報告されています14)。しかし、高濃度では、結合は飽和状 態になるため、遊離のバルプロ酸が増加します15)。また、 バルプロ酸と他の抗てんかん薬は、アルブミンとの結合にお

関連画像

1).腸管内でのアンモニア 遊離抑制などにより、てんかん Reactions through mitochondrial membrane バルプロ酸, VPA (valproic acid)


★リンクテーブル★
関連記事バルプロ酸」「遊離」「」「プロ」「バル

バルプロ酸」

  [★]

valproic acid
ジプロピル酢酸 dipropylacetic acid
バルプロ酸ナトリウム sodium valproate, valproate sodium
エピレナートサノテンセレニカRプロモーションセレブデパケンハイセレニンバルデケンRバルプラムバレリンDepakene, Depakote, Epival
てんかんバルプロ酸ナトリウム中毒



特徴

作用機序

  • GABAトランスアミナーゼを阻害(SPC.187) 

薬理作用

  • GABAの異化を抑制→GABAの濃度↑
  • 全ての型のてんかんに作用するが、特に欠神発作によく効く (SPC.187)

注意

副作用

  • 比較的少ない
  • 肝障害

参考

  • セレブシロップ5%
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1139004Q1097_2_02/1139004Q1097_2_02?view=body
  • デパケンR錠100/デパケンR錠200
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1139004G1024_1_16/1139004G1024_1_16?view=body

臨床関連



遊離」

  [★]

releaseliberationreleaseliberatedisengagefree
解放、自由取り除く放出無料遊離型離脱含まない自由にするフリーリリース


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

プロ」

  [★]

pro


バル」

  [★] ジメルカプロール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡