遊離カルバマゼピン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

(遊離カルバマゼピン)・・・トラフ値(0.3~1µg/ml) トラフ値 ・・・・ 薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物の濃度。薬の血中濃度は、急襲後に最高濃度となり、平衡状態に達した後、時間の経過とともに代謝・排泄 ...
カルバマゼピンの解説 1. 血中モニタリング 抗てんかん薬と使用する場合、血液中の ... カルバマゼピンは主にアルブミンやα1-酸性糖タンパクと結合する中性化合物で、α(遊離形分率)は約0.2~0.3である。 カルバマゼピンは比較的高い ...

関連画像

単品の進級促進運動 ナノピア ® TDMジゴキシンナノピア ® TDMジゴキシン


★リンクテーブル★
関連記事カルバマゼピン」「遊離

カルバマゼピン」

  [★]

carbamazepine, CBZ
Epitol, テグレトール TegretolレキシンテレスミンEpitol
抗痙攣薬抗てんかん薬抗躁薬

特徴

構造

  • イミノスチルベン系

作用機序

薬理作用

  • 鎮静作用、抗コリン作用、骨格筋弛緩作用、抗不整脈作用、抗利尿作用

適応



遊離」

  [★]

releaseliberationreleaseliberatedisengagefree
解放、自由取り除く放出無料遊離型離脱含まない自由にするフリーリリース




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡