遊走腎

出典: meddic

floating kidney, migrating kidney, movable kidney, wandering kidney
ren mobilis
腎下垂症 nephroptosis遊走腎症
起立性タンパク尿
[show details]

定義

  • 1. 腎臓の固定がゆるく、立位の際に下降し、側腹部痛、腰痛、血尿を伴う病態
  • 2. 立位で1.5椎体以上移動
腎臓は腎筋膜や脂肪組織に包まれて固定されており、呼吸時や立位時でも限られた範囲でのみ移動するのが正常

疫学

  • 女性
  • 右腎臓


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-10-28 遊走腎の診断の上で子宮腺筋症に対して単純子宮全摘出を施行したところ術中,骨盤腎を認めた一症例(Group14 良性卵巣腫瘍・症例3,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 体腔鏡下腎盂形成術の検討
  • 腎シンチグラフィによる遊走腎の評価
  • 175 遊走腎患者における補中益気湯エキス細粒のQOL改善効果(40 腎・泌尿器(2))

関連リンク

関連画像

 な状態は遊走腎といわれます図4 遊走腎遊走腎さん 2012/11/26 19:26いたりすればすぐに遊走腎 遊走腎遊走腎?


★リンクテーブル★
先読みnephroptosis」「腎下垂症
国試過去問106C024
リンク元血尿
関連記事」「遊走

nephroptosis」

  [★]

腎下垂腎下垂症

WordNet   license wordnet

「prolapse of the kidney」
nephroptosia


腎下垂症」

  [★]

nephroptosis
腎下垂


106C024」

  [★]

  • 38歳の男性。脱力を主訴に来院した。昨日、猛暑の中で1時間ジョギングをした。その後、下肢の疹痛と脱力とが出現して軽快しないため受診した。尿は昨夜から赤褐色を呈しているという。身長170cm、体重72kg。体温37.2℃。脈拍88/分、整。血圧136/80mmHg。呼吸数14/分。尿所見:蛋白(±)、潜血3+、沈渣に赤血球1-4/1視野。
  • 病態として考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C023]←[国試_106]→[106C025

血尿」

  [★]

hematuria
顕微鏡的血尿肉眼的血尿尿潜血尿沈渣

概念

  • 赤血球が混入している尿をいう

分類

  • 症候性血尿:膀胱刺激症状(膀胱炎、膀胱結石)、疼痛(尿路結石などによる尿路閉塞)、排尿困難(尿路狭窄)、発熱
  • 無症候性血尿:尿路悪性腫瘍、腎動静脈奇形

尿潜血尿沈渣の関連

内科診断リファレンス.346
  • 尿潜血(1+) ・・・ 尿沈渣 1桁
  • 尿潜血(2+) ・・・ 尿沈渣 2桁
  • 尿潜血(3+) ・・・ 尿沈渣 3桁

原因


資料

  • 血尿診断ガイドライン
[display]http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/guideline/hyo-ketsunyo.pdf
  • 血尿診断ガイドライン2013
[display]http://www.jsn.or.jp/guideline/pdf/hugl2013.pdf
  • 尿沈渣の見方 血尿と腎疾患
[display]http://www.city.fukuoka.med.or.jp/kensa/ensinbunri/enshin_58_x.pdf




腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ


遊走」

  [★]

swarming
スウォーミング





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡