遊走能

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • TRPM8活性の阻害が口腔扁平上皮癌細胞の浸潤能を抑制する(二次出版 : 和文全訳)
  • 岡本 愛彦,大久保 つや子,池邊 哲郎,山崎 純
  • 福岡歯科大学学会雑誌 38(2), 107-120, 2012-08-31
  • … 口腔SCCにおけるTRPM8の病態生理学的な役割を検討するために,遊走能アッセイ,浸潤能アッセイ並びにゼラチンザイモグラフィーを行なった。 … メンソール刺激によって,遊走能,浸潤能ならびにMMP-9活性の増加が認められた。 …
  • NAID 110009518122
  • ヒト培養歯根膜細胞の増殖,接着,遊走に及ぼすエナメルマトリックスデリバティブ誘導体由来の合成ペプチドの影響
  • 田口 洋一郎,高橋 宰達,富永 和也,小正 聡,至田 宗泰,林 宏行,田中 昭男,梅田 誠
  • 日本歯科保存学雑誌 55(3), 227-235, 2012-06-30
  • … は培養開始1時間後に,細胞遊走に関してはBoyden chamber法を改良して,1, 4, 8時間後にそれぞれを測定した.結果:細胞増殖は,培養開始1, 3, 72時間に実験群では対照群に比べて有意に高かった.また,増殖は経時的に増加傾向を示した.細胞接着・遊走ともに実験群では対照群と比較して各測定時において有意に高い値を示した.結論:以上より,EMD由来の新規合成ペプチドはHPdLFの増殖,接着および遊走能を向上させることが示唆された. …
  • NAID 110009480000

関連リンク

2009年4月13日 ... 遊走能を持つ細胞を計数できるキットです。創傷治癒アッセイ(woundhealingassay) など従来の細胞遊走能の測定法は再現性が低く,また測定法により結果に大きな違い が生じることがありました。本製品は,各ウェルの中央部にシリコーン ...

関連画像

 の移動/浸潤/遊走 | フナコシ . mDia1欠損T細胞の遊走能の減弱脂肪由来間葉系幹細胞の遊走 遊走能を高い再現性で 細胞遊走能をハイスループット 細胞遊走定量キットの測定原理


★リンクテーブル★
国試過去問108G036
リンク元走化性」「化学走性
関連記事遊走

108G036」

  [★]

  • 末血塗抹 May-Giemsa染色標本 (別冊 No. 3)を別に示す。
  • 矢印で示す血球で正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a 抗体を産生する。
  • b 貪食能を有する。
  • c 遊走能を有する。
  • d 細胞性免疫に関与する。
  • e ウイルス感染細胞を傷害する。



[正答]


※国試ナビ4※ 108G035]←[国試_108]→[108G037

走化性」

  [★]

chemotaxischemotropismchemotactic
化学向性化学走性走化作用ケモタキシス遊走能


化学走性」

  [★]

chemotaxis
遊走能


遊走」

  [★]

swarming
スウォーミング





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡