逸脱行動

出典: meddic

deviant behavior



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 奈良教育大学広報誌ならやま
  • 広報委員会
  • 奈良教育大学広報誌ならやま 40, 2012-07-31
  • … 員養成~/羅針盤~奈良教育大学の取り組み~附属幼稚園での「科学の日」プロジェクト~子どもたちの瞳に科学の輝きを~/クローズアップ~教員研究紹介~教室における規範逸脱行動を研究する出口拓彦准教授/ラボ・レター ~研究室紹介~:構成・デザイン シーボルド千佳子研究室/ひと・あれ・これ~卒業生紹介~中学校の国語教諭として奮闘する山田哲史さん/な …
  • NAID 120004461847
  • 教員および仲間集団が教室における規範逸脱行動に及ぼす影響 : 派閥サイズモデルによるシミユレーション
  • 出口 拓彦
  • 教育実践開発研究センター研究紀要 = Bulletin of Center for Educational Research and Development -(21) (-), 65-73, 2012-03
  • … 本研究では、教員および仲間集団、初期の規範逸脱率が教室における規範逸脱行動に及ぼす影響について、ダイナミック社会的インパクト理論の派閥サイズモデル(e.g., Nowak, Szamrej, & Latane, 1990)を援用して検討した。 … その結果、机間巡視を行った場合、一定の場所に停止している場合に比べて、規範逸脱行動を抑制させることが示唆された。 …
  • NAID 40019261942

関連リンク

百科事典マイペディア 逸脱行動の用語解説 - 社会的規範に外れた行動。大別して, 個々の具体的状況との関連においてのみ考えられる部分的・外的なものと,態度や パーソナリティにまでも関係した一貫した内的なものとがある。...
1938年には、アメリカの社会学者ロバート・キング・マートンが、それまでのプラグ マティックなアメリカ社会病理学に対して、逸脱行動(deviant behavior)なる用語を定着 させる画期的な論文「社会構造とアノミー」を発表し、その後のシカゴ学派などによる 逸脱 ...

関連画像

 逸脱した行動に走る者たちの逸脱行動 逸脱行動の因果関係とその因果にされると「逸脱した行動 逸脱行動論 (放送大学大学院  逸脱 行動 に 関 する 心理 学的


★リンクテーブル★
関連記事逸脱」「行動

逸脱」

  [★]

異常異常性回避収差出発脱出脱出症逃避分岐偏位、偏向、偏差免れる迷走漏れ発散逃げるエスケープ


行動」

  [★]

behaviorbehaviouractbehavebehavioralbehavioural
振る舞う行為行動性作用働く挙動振る舞い行動上条例





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3