造血幹細胞移植

出典: meddic

hematopoietic stem cell transplantationhematopoietic stem cell transplantHSCT

  • 骨髄移植 bone maroow transplantation BMT
  • 末梢血幹細胞移植 peripheral blood stem transplantation PBS CT
  • 臍帯血移植 cord blood transplantation CBT

前処置

参考1
  • 抗悪性腫瘍薬、全身放射線照射、免疫抑制薬を組み合わせて行う。

CY+TBI法

参考2
1の後に2を行う。

ガイドライン

  • 1. 造血細胞移植ガイドライン
[display]http://www.jshct.com/guideline

参考

  • 1.
[display]http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/HSCI/method.html
  • 2. 愛知県がんセンター/がんの知識/いろいろながん/造血幹細胞移植
[display]http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/200/210/several-cancers/iroiro-na-gan-19.html
  • 3. わたしの療養手帳/私の治療ダイアリー|がん情報ガイド|中外製薬株式会社
[display]http://gan-guide.jp/handbook
  • 3-1. 私の治療ダイアリー 造血幹細胞移植編
患者むけ
[display]http://gan-guide.jp/handbook/pdf/diary_1_3.pdf

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/30 14:05:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 平成23年度岡山医学会賞(林原賞) 合成レチノイドAm80はTh1とTh17を抑制することにより慢性移植片対宿主病を改善する
  • 西森 久和,前田 嘉信,谷本 光音
  • 岡山医学会雑誌 124(3), 197-201, 2012-12
  • NAID 40019510165
  • 造血細胞移植ガイドライン : 移植後早期の感染管理(第2版) (ICTレベルアップ特集 注目すべき日本のガイドライン2012)
  • 矢野 邦夫
  • Infection control : The Japanese journal of infection control 21(12), 1266-1268, 2012-12
  • NAID 40019501930
  • FLT3-ITD陽性AMLに対する造血幹細胞移植 (特集 造血器腫瘍の予後指標と診療での活用)
  • 臨床研究 小児造血幹細胞移植におけるシクロスポリン持続静注法と1日2回3時間静注法の有効性と安全性の比較検討
  • 納富 誠司郎,梅田 雄嗣,松原 央 [他]
  • 臨床血液 53(11), 1891-1897, 2012-11
  • NAID 40019507205

関連リンク

造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく、英Hematopoietic stem cell transplantation)とは、正常な血液を作ることが困難となる疾患(白血病、再生不良性 貧血など)の患者に対して、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植して正常な血液を作る ことができる ...
骨髄移植(こつずいいしょく、英: Bone marrow transplantation, BMT)は、白血病や 再生不良性貧血などの血液難病の患者に、提供者(ドナー)の正常な骨髄細胞を静脈 内に注入して移植する治療である。骨髄移植に用いられる造血幹細胞は、末梢血からの ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問105I058」「107H016」「104E021
リンク元シクロホスファミド」「骨髄移植」「全身放射線照射法」「HSCT」「hematopoietic stem cell transplantation
拡張検索末梢造血幹細胞移植
関連記事造血幹細胞」「幹細胞」「造血」「細胞移植」「移植

105I058」

  [★]

  • 3歳の男児。顔色不良と発熱とを主訴に来院した。母親は1か月前から顔色不良に気付いていた。1週前から発熱し、自宅近くの診療所で抗菌薬を投与されていたが、症状が改善しないため紹介されて受診した。体温38.3℃、脈拍120/分、整。呼吸数24/分。皮膚は蒼白で、下肢に点状出血を認める。眼瞼結膜に貧血を認める。眼球結膜に黄染を認めない。心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。右肋骨弓下に肝を3cm、左肋骨弓下に脾を4cm触知する。血液所見:赤血球 196万、Hb 5.8g/dl、Ht 18%、網赤血球 0.3%、白血球 5,600(桿状核好中球1%、分葉核好中球6%、好酸球1%、単球2%、リンパ球86%、異常細胞4%)、血小板 1.9万。血液生化学所見:尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.3mg/dl、尿酸 6.2mg/dl、AST 72IU/l、ALT 58IU/l、LD 691IU/l(基準335-666)。CRPl.3mg/dl。骨髄検査を行ったところ、骨髄で増加している細胞はペルオキシダーゼ染色陰性で、表面マーカー検査ではB前駆細胞の形質を示す。骨髄染色体所見は51、XY、+4、+6、+10、+17、+21である。脳背髄液検査に異常を認めない。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No.15)を別に示す。
  • この疾患の治療について誤っているのはどれか。


  • a 多剤併用抗癌化学療法を行う。
  • b 副腎皮質ステロイドが有効である。
  • c 最も多い治療関連合併症は感染症である。
  • d 中枢神経予防療法は必須である。
  • e 約半数の症例が造血幹細胞移植の適応となる。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I057]←[国試_105]→[105I059

107H016」

  [★]

  • 造血幹細胞移植で使用する陽圧に保たれた無菌室の模式図(別冊No.4)を別に示す。一般病室とは扉Ⅰと扉Ⅱとで隔てられており、ベッドの頭側の壁には空気清浄器の供給口が設置されている。ベッドと扉Ⅱとの間には透明なビニールカーテンがあり、カーテン越しに患者の観察や会話が可能である。
  • 感染防御の点から、医師が立つ位置として好ましくないのはどれか。
  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤



[正答]


※国試ナビ4※ 107H015]←[国試_107]→[107H017

104E021」

  [★]

  • 造血幹細胞移植における全身放射線照射で正しいのはどれか。
  • a 単回照射する。
  • b 白血球数は保たれる。
  • c 生殖機能は保たれる。
  • d 二次がんの発生率が高い。
  • e 総線量は2Gy程度である。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E020]←[国試_104]→[104E022

シクロホスファミド」

  [★]

cyclophosphamide, CPA CPM
cyclophosphamidum
Cytoxan, Neosarエンドキサン
  • first aid step1 2006 p.207,257,309,324,326,386
  • アルキル化薬


特徴

  • プロドラッグであり、肝臓で加水分解を受けて薬効を及ぼす

構造

作用機序

薬理作用

抗菌スペクトル

動態

適応

  • non-Hodgkin’s lymphoma, breast and ovarian carcinomas
  • immunosuppressants

注意

禁忌

副作用

  • 出血性膀胱炎、骨髄抑制
  • myelosuppression; hemorrhagic cystitis, which can be partially prevented with mesna

副作用(再評価結果より)

  • 再評価結果時の自覚的並びに他覚的症状緩和における安全性評価対象例5021例(経口投与を含む)中,主なものは,白血球減少1903例(37.90%),悪心嘔吐1041例(20.73%),脱毛1221例(24.32%)等であった。また,急性白血病等の造血幹細胞移植の前治療における本剤の第2相臨床試験の安全性評価対象例67例中,主なものは悪心嘔吐61例(91%),下痢口内炎各42例(各63%),脱毛38例(57%)であった。

重大な副作用

再評価結果における安全性評価例の集計

種類頻度 5%以上 5%未満 頻度不明
肝臓   肝機能異常,黄疸 コリンエステラーゼ低下
腎臓   蛋白尿浮腫 食欲不振味覚異常,胸やけ,おくび腹部膨満感
消化器 悪心嘔吐 口渇潰瘍性口内炎腹痛便秘下痢  
過敏症   発疹  
皮膚 脱毛 皮膚炎,色素沈着,爪の変形・変色  
精神神経系   頭痛眩暈不眠運動失調 倦怠感
呼吸器     肺水腫
循環器   心電図異常,心悸亢進低血圧  
内分泌系   副腎皮質機能不全 甲状腺機能亢進
性腺   無月経 無精子症卵巣機能不全
その他   発熱,注射時熱感,局所痛CKCPK上昇 創傷の治癒遅延,高血糖

添付文書

  • 注射用エンドキサン100mg/注射用エンドキサン500mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4211401D1033_1_10/4211401D1033_1_10?view=body




骨髄移植」

  [★]

bone marrow transplantation BMT
造血幹細胞移植拒絶反応



  • 造血幹細胞移植の一つ。

メモ



全身放射線照射法」

  [★]

total body irradiation, TBI, whole body irradiation
放射線全身照射全身照射法全身照射造血幹細胞移植
  • 照射法法の例:2Gy/回で合計12Gy全身照射。

副作用

  • 白内障(分割照射により減少)
  • 生殖機能低下
  • 二次発癌

参考

  • 1. [charged] 造血細胞移植のための前処置療法 - uptodate [1]



HSCT」

  [★]

  • 造血幹細胞移植
hematopoietic stem cell transplanthematopoietic stem cell transplantation
HSCT
Hematopoietic stem cell transplantation


hematopoietic stem cell transplantation」

  [★]

  • 造血幹細胞移植
hematopoietic stem cell transplantHSCT
HSCT


末梢造血幹細胞移植」

  [★]

peripheral blood stem cell transplantation


造血幹細胞」

  [★]

hematopoietic stem cell, HSC
幹細胞


細胞表面マーカー

分化

  血液中 組織
造血幹細胞
hematopoietic stem cell
リンパ球幹細胞
lymphoid stem cell
T細胞
T cell
B細胞
B cell
NK細胞
natuarl killer cell
骨髄球幹細胞
myeloid stem cell
granulocyte/macrophage progenitor 好中球
neutrophil
好酸球
eosinophil
好塩基球
basophil
unknown precursor of mast cell 肥満細胞
mast cell
単球 マクロファージ
macrophage
赤芽球
erythroblast
赤血球
erythrocyte
巨核球
megakaryocyte
血小板
platelet


幹細胞」

  [★]

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.



造血」

  [★]

hematopoiesis
hemopoiesis
血液

造血部位

  • 胎児:(-3ヶ月)卵黄嚢、肝臓、脾臓(2-10ヶ月。4ヶ月がピーク)、骨髄(4ヶ月以降)
  • 成人:骨髄



細胞移植」

  [★]

cell transplantationcell transplant
移植移植片臓器移植移植レシピエント組織移植


移植」

  [★]

transplantation, graft
組織移植, 同系移植, 自家移植






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡