造血幹細胞

出典: meddic

hematopoietic stem cell, HSC
幹細胞



細胞表面マーカー

分化

  血液中 組織
造血幹細胞
hematopoietic stem cell
リンパ球幹細胞
lymphoid stem cell
T細胞
T cell
B細胞
B cell
NK細胞
natuarl killer cell
骨髄球幹細胞
myeloid stem cell
granulocyte/macrophage progenitor 好中球
neutrophil
好酸球
eosinophil
好塩基球
basophil
unknown precursor of mast cell 肥満細胞
mast cell
単球 マクロファージ
macrophage
赤芽球
erythroblast
赤血球
erythrocyte
巨核球
megakaryocyte
血小板
platelet



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/20 18:38:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 難治性貧血に対する造血幹細胞移植の進歩 (特集 難治性貧血 : 診断と病態・治療の進歩)
  • 笠原 秀範,岡本 真一郎
  • 最新医学 69(11), 2149-2152, 2014-11
  • NAID 40020256792
  • 赤芽球癆の診断と病態・治療の進歩 (特集 難治性貧血 : 診断と病態・治療の進歩)
  • 造血幹細胞移植のための全身照射 (悪性リンパ腫の診断と治療) -- (放射線治療)
  • 慢性骨髄性白血病 (増大号特集 小児血液疾患 : よくわかる最新知見) -- (造血器悪性疾患)

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問099D045
リンク元好中球」「赤血球」「赤芽球コロニー形成単位」「CD117」「赤芽球バースト形成細胞
拡張検索造血幹細胞因子」「末梢造血幹細胞移植
関連記事幹細胞」「造血」「細胞

099D045」

  [★]

  • 血球の産生について正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D044]←[国試_099]→[099D046

好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







赤血球」

  [★]

erythrocyte (Z), red blood cell (Z), RBC
血液貧血血液像

赤血球の形状

  • 直径:7.62±0.61μm → 7-8μm
  • 厚さ:1.0-2.0μm
  • 容積:90μm3
  • 表面積:130μm2
  • 比重:1.097

分化

基準値

2007前期解剖学授業プリント
♂:420万 - 570万 (/μl)  495万±75万 x 10^6 (/μl)
♀:380万 - 550万 (/μl)  465万±85万 x 10^6 (/μl)
-2007前期生理学授業プリント
♂:450万 - 610万 /μl
♀:380万 - 530万 /μl
-PT.233
♂:500万 /mm3
♀:450万 /mm3
-異常値の出るメカニズム第5版 p.79
男:400万-700万/ul
女:350万-600万/ul
-HIM
男:430–560 x 10^4/μl
女:400–520 x 10^4/μl

寿命

  • 100-120日 → 4ヶ月


赤血球の増加

  • テストステロン、低酸素、コルチゾール、エリスロポエチン




赤芽球コロニー形成単位」

  [★]

colony-forming unit-erythroid colony-forming units-erythroid colony forming unit erythroid CFU-E, erythroid colony forming unit
赤芽球コロニー形成細胞 erythroid colony-forming cell、分化赤血球系前駆細胞 (血液細胞アトラス)
赤血球
BFU-E<-CFU-E->塩基性赤芽球
  • 造血系前細胞
  • 前赤芽球

分化

造血幹細胞 造血幹細胞
多能性前駆細胞 骨髄系前駆細胞 CFU-GEMM
造血前駆細胞 未分化赤血球前駆細胞 BFU-E
分化赤血球前駆細胞 CFU-E
分化   前赤芽球
好塩基性赤芽球
多染性赤芽球
正染性赤芽球
(血液へ) 網赤血球
赤血球


-CFU-E


CD117」

  [★]

KIT kit c-kit receptor for stem cell factor
消化管間質腫瘍 GIST


概念

  • 造血幹細胞が有する。
  • チロシンキナーゼの受容体をコードしている(BPT.625)。大部分のGISTではc-KITに変異が生じている(BPT.625) ← 治療薬:イマチニブ(慢性骨髄性白血病に使われる)
  • 分子量145kDaの前がん遺伝子c-kitの産物
  • クラスIIIレセプタ型チロシンキナーゼ・ファミリーに属する

発現細胞

  • hematopoietic progenitors (IMM.790) 
  • ごく少数の正常骨髄細胞に発現。発現している骨髄細胞はCD34を発現している
  • 肥満細胞(1)

機能

  • stem-cell factor receptor(SCF受容体 SCF receptor)

参考

  • 1. beckman coulter
[display]http://www.bc-cytometry.com/Data/db_search/CD117.htm

赤芽球バースト形成細胞」

  [★]

burst-forming unit-erythroid burst forming unit erythroid, BFU-E
前期赤芽球系前駆細胞赤芽球バースト形成単位、分化赤血球系前駆細胞 (血液細胞アトラス)
赤芽球


分化

造血幹細胞 造血幹細胞
多能性前駆細胞 骨髄系前駆細胞 CFU-GEMM
造血前駆細胞 未分化赤血球前駆細胞 BFU-E
分化赤血球前駆細胞 CFU-E
分化   前赤芽球
好塩基性赤芽球
多染性赤芽球
正染性赤芽球
(血液へ) 網赤血球
赤血球



造血幹細胞因子」

  [★]

stem cel factor, SCF
幹細胞刺激因子スティール因子 steel factor SLF、キットリガンド kit-ligand KL、肥満細胞増殖因子 mast cell growth factor MCGF

概念

  • 造血幹細胞の初期の分化に必要
  • c-kitのリガンド

遺伝子

  • chr.12のp22-24


-SCF
-stem cell factor


末梢造血幹細胞移植」

  [★]

peripheral blood stem cell transplantation

幹細胞」

  [★]

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.


造血」

  [★]

hematopoiesis
hemopoiesis
血液

造血部位

  • 胎児:(-3ヶ月)卵黄嚢、肝臓、脾臓(2-10ヶ月。4ヶ月がピーク)、骨髄(4ヶ月以降)
  • 成人:骨髄



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡