造後腎組織

出典: meddic

関連リンク

ネフロンの発生. ネフロンは造後腎組織帽に由来する。造後腎組織帽が集合細管による 誘導を受けて後腎胞を形成するとここからネフロンが発生する。 腎節の形成. 中間中 胚葉から分節状の腎節を生じる。これはやがて痕跡的前腎として消失する。 造腎細胞 索 ...
中腎管から増生した尿管芽 ureteric bud は, 造後腎組織に進入し、そこで拡張して腎杯 ・尿管・. 集合細管を生じる。 1. 尿管芽 ureteric bud の出現. 中腎管から尿管芽が増生 する。 2. 尿管芽は造後腎組織に進入. ここで増殖し、腎杯・尿管・集合細管を生じる。

関連画像

圖二)嘗試導尿卻沒有辦法順利 圖片一內地有網站出售多款可自行注射 圖八)這是住院一週後喵喵的


★リンクテーブル★
関連記事後腎」「組織

後腎」

  [★]

meta nephros
metanephros
永久腎
前腎 pronephros中腎 mesonephros


  • 胎生第5週に出現。
  • 発生学的に中胚葉(後腎中胚葉)に由来する。
  • 尿管と連結して尿生殖洞と交通している。
  • 男性の場合:尿生殖洞に対する尿管と中腎管の開口位置を比較すると、尿管が頭方、中腎管は尾方となる。(L.301)

集合管系の発生

  • 尿管芽から発生

排出管系の発生

L.293-294
  • 後腎の実質から発生
  • 集合細管の末端は後腎組織帽で覆われ、後腎組織帽は後腎胞となり、細管となる。細管から、ボーマン嚢~尿細管が形成される。近位では糸球体とともにネフロンを形成、遠位部は集合管に開口する。(L.291)


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡