造後腎組織

出典: meddic

関連リンク

偏位がおこると,造後腎組織との適正な接触がおこら ないためとされている. 自験例でも摘出腎は高度の発育不全腎を呈し,平 均 重量は6.99で,IVU,腎 シンチグラフィー一,レノ グラムなどにていずれも無機能に近い状態であった. 文献的に ...
2014/3/5 2 (Campbell-Walsh Urology, 2011, 2979) 後腎原基 (後腎組織帽) 後腎包 ネフロン ボーマン嚢 集合管 近位曲細管 遠位曲細管 ヘンレのループ 腎の発生(ネフロン) 胎生 5-16週 糸球体 ・尿管芽が後腎間質に作用し 後腎帽を誘導 ...
腎臓は, 中間中胚葉に由来するが, とくにウォルフ管の末端部から伸び出した尿管芽と骨盤部の中間中胚葉である造後腎胚芽組織から, 後腎として生じる. 分岐を繰り返す尿管芽の末端部に誘導された造後腎胚芽組織内の小胞から, 糸球体 ...

関連画像

圖二)嘗試導尿卻沒有辦法順利 圖片一內地有網站出售多款可自行注射 圖八)這是住院一週後喵喵的


★リンクテーブル★
関連記事後腎」「組織

後腎」

  [★]

meta nephros
metanephros
永久腎
前腎 pronephros中腎 mesonephros


  • 胎生第5週に出現。
  • 発生学的に中胚葉(後腎中胚葉)に由来する。
  • 尿管と連結して尿生殖洞と交通している。
  • 男性の場合:尿生殖洞に対する尿管と中腎管の開口位置を比較すると、尿管が頭方、中腎管は尾方となる。(L.301)

集合管系の発生

  • 尿管芽から発生

排出管系の発生

L.293-294
  • 後腎の実質から発生
  • 集合細管の末端は後腎組織帽で覆われ、後腎組織帽は後腎胞となり、細管となる。細管から、ボーマン嚢~尿細管が形成される。近位では糸球体とともにネフロンを形成、遠位部は集合管に開口する。(L.291)


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡