通導散

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/20 13:33:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床リポート 通導散が著効した同時化学放射線療法中の便通異常
  • 坂倉 康文,鳥谷部 邦明,千田 時弘 [他]
  • 漢方と診療 2(3), 198-201, 2011-09
  • NAID 40018984269

関連リンク

通導散とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:病気別版) ... 概説 生理不順や生理痛、便秘などに用いる漢方薬です。 作用 【働き】 漢方では、血行障害や鬱血を“お血”(おけつ)という概念でとらえ重視 ...
いらっしゃいませ、効き目の良い漢方薬:ツムラ 通導散 エキス顆粒(医療用)、処方名:通導散をいかがですか?ご注文お待ちしています!東京都江戸川区安心のハル薬局です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

太虎堂の通導散エキス顆粒

組成

  • 本品7.5g中
    日局トウキ      3.0g
    日局ダイオウ     3.0g
    日局キジツ      3.0g
    日局コウボク     2.0g
    日局チンピ      2.0g
    日局モクツウ     2.0g
    日局コウカ      2.0g
    日局カンゾウ     2.0g
    日局ソボク      2.0g
    乾燥硫酸ナトリウム  2.0g
    上記生薬より抽出した水製乾燥エキス5000mgを含有する。
  • 添加物として日局乳糖水和物、日局ステアリン酸マグネシウムを含有する。

効能または効果

  • 比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経痛、更年期障害、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)
  • 通常成人1日7.5gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 下痢、軟便のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
  • 著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、腹痛、下痢等があらわれることがある。]
  • 食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
  • 著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

重大な副作用

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
拡張検索通導散エキス

通導散エキス」

  [★]

通導散漢方製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡