送信パルス

出典: meddic

和文文献

  • 多周波ステップOFPR方式における位相補正の検討(測位・航法及び一般)
  • 村永 哲也,稲葉 敬之
  • 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 112(391), 31-36, 2013-01-17
  • … レーダの変調方式にOFDM(0rthogonal Frequency Division Multiplexing)方式を用いることは,近年研究が始められたばかりであり,研究例が少なく今後の発展が期待されている.筆者らは送信パルスに直交周波数を用いた変調方式であるOFPR方式を提案している.本稿では,OFPR方式に合成帯域方式を組み合わせることで,送受アイソレーションの分離性能に優れ,かつ少ない受信機帯域幅で高い距離分解能が得られる多周波ステップOFPR方式を提 …
  • NAID 110009727499
  • OFPR (Orthogonal Frequency Pulse Radar)方式の提案とその実験的検証(レーダ信号処理及び一般)
  • 塚田 渉,稲葉 敬之
  • 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 111(355), 59-64, 2011-12-09
  • … ス化したパルス圧縮レーダ方式においても,送受アイソレーションが大きくとれない場合,近距離目標が直接波のパルス圧縮サイドローブに埋もれてしまい検知が困難となる.本論文では,解決の一手段として送信パルスに直交周波数を用いるOFPR方式を提案する.提案方式は,近距離目標の測距には直交周波数間の位相を用い,遠距離目標の測距にはパルス圧縮を行う方式である.本論文では,計算機シミュレーションおよび実験 …
  • NAID 110009466573

関連リンク

距離分解能 自船から同一方向にある距離の異なる物標を、画面で2つの物標として識別することができる2物標間の最小距離のことです。 距離分解能は送信パルス幅によって大きく左右されます。すなわち、送信パルス幅が短いときは ...
【課題】送信パルスの波形変動やレーダ装置の装置特性の変動を伴うことなく、送信パルス信号のパルス幅や出力電力を良好に変更することが可能なパルスレーダ送信機を実現する。【解決手段】パルスレーダ送信機2を、送信パルス ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡