迷走神経背側核

出典: meddic

dorsal nucleus of vagus nerve (KL), dorsal vagal nucleus
nucleus dorsalis nervi vagi
迷走神経運動背側核


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第四脳室と橋・延髄の解剖と外科治療(<特集>脳室・脳幹病変の外科治療)
  • 斉藤 延人,金 太一
  • 脳神経外科ジャーナル 20(6), 438-445, 2011-06-20
  • … 同定できる.顔面神経丘の直下には外転神経核や顔面神経がある.これらの機能を温存するために,suprafacial triangle approachとinfrafacial triangle approachが有用である.一方で,第四脳室線条より尾側には,舌下神経核,迷走神経背側核,孤束核など重要な神経核が密集しているので,心停止や嘸下障害に備える必要がある.また,橋延髄の前側方へのアプローチにはanterior transpetrosal approachがよい.脳幹海綿状血管腫の手術症例を基に,これらの …
  • NAID 110008662231
  • PII-11 ラット迷走神経背側核における軸索切断後のコリンアセチル基転移酵素スプライスバリアントの変化(神経2,ポスター2,第50回日本組織細胞化学会総会・学術集会)
  • 斉藤 敦志,佐藤 尚志,岡野 博之,豊田 健一郎,久 育男,木村 宏,遠山 育夫
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (50), 93, 2009-09-26
  • NAID 110007384864

関連リンク

迷走神経背側核 は平滑筋を支配し、疑核は横紋筋を支配している。 迷走神経背側核は、さらに内側核と外側核とに分けられる。 内側核 =背側運動核 dorsal vagal motor nucleus:DVMN 副交感性神経(内臓への遠心性神経)の細胞 ...
迷走神経は菱形窩の底にある迷走神経の核群[疑核:横紋筋支配、迷走神経背側核:平滑筋支配、灰白翼核:知覚性、孤束核:味覚]に終わり(起こり)、延髄の後外側溝に入る(出る)。次いで頚静脈孔 ...
菱形窩の下端に近く、浅い所には迷走神経背側核 がある。 これは舌咽、迷走両神経の副交感性の線維の起始核である。 その上方には、舌咽神経の耳下腺分泌線維の発する所とされている 下唾液核と呼ばれるものがある。 これに対して ...

関連画像

⑥ 副神経脊髄根迷走神経背側核と孤束核。延髄迷走神経背側核と舌下神経 迷走神経背側核 : 迷走神経  や迷走神経背側核などを含む


★リンクテーブル★
先読みdorsal nucleus of vagus nerve
リンク元脳幹」「dorsal vagal nucleus
関連記事迷走神経」「神経」「背側」「迷走」「

dorsal nucleus of vagus nerve」

  [★]

迷走神経 背側核


脳幹」

  [★]

brain stem
truncus cerebri, truncus encephali


概念

中枢

循環中枢

以下3つの中枢が存在し、相互に干渉し合う。

昇圧中枢(交感神経興奮性中枢)

降圧中枢(交感神経抑制性中枢)

心臓抑制中枢(心臓迷走神経中枢)

呼吸中枢

嘔吐中枢

嚥下中枢

排尿中枢

dorsal vagal nucleus」

  [★]

迷走神経背側核


迷走神経」

  [★]

vagus nerve (KL,N,M), vagal nerve (B)
nervus vagus
第10脳神経 第X脳神経 第十脳神経 cranial nerve X CNX CN X, the tenth cranial nerve tenth cranial nerve
脳神経



一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
          脳神経Xの上神経節           頚静脈孔 耳介、外耳道、後頭蓋窩からの感覚
          脳神経Xの上神経節           舌底、咽頭、喉頭、器官、気管支、心臓、食道、胃、腸の臓性感覚
          脳神経Xの下神経節           喉頭蓋と口蓋の味覚
                  内臓近傍のニューロン 副交感神経:平滑筋(気管、気管支、消化管)、心筋(心臓)
                    支配筋:咽頭収縮筋、口蓋帆張筋を除く口蓋の筋、食道上2/3の横紋筋

由来

  • 延髄のオリーブの後側 (KL.652)

支配

  • 臓性感覚性
    • 舌底、咽頭、喉頭、気管、気管支、心臓、食道、胃、腸の臓性感覚
  • 特殊感覚性
    • 喉頭蓋と口蓋の味覚
  • 臓性運動性
    • 副交感神経:平滑筋(気管、気管支、消化管)、心筋(心臓)(M)
  • 鰓弓運動性
    • 嚥下・発声・構音に関与 (KL.654)
    • 支配筋:咽頭収縮筋、口蓋帆張筋を除く口蓋の筋、食道上2/3の横紋筋 (M)

走行

  • 頭部
    • 後頭蓋窩から頚静脈孔を通って頭蓋腔の外に出る(KL.321)
  • 頚部
    • 咽頭の左右両側で内頚動脈・総頚動脈の後外側に沿って(頚動脈鞘に包まれている)真っ直ぐに下行し、鎖骨下動脈の前を走って胸腔にはいる(KL.321)
    • 右迷走神経は右反回神経を分枝し、この枝は右鎖骨下動脈の腹側から背側に回り込む。
  • 胸部
    • 左迷走神経は大動脈弓の前を走って、肺根の後側を下行する(KL.321)
    • 左迷走神経は左反回神経を分枝し、この枝は動脈索の左側で大動脈弓の腹側から背側に回り込む。
    • 右迷走神経は肺根の後側を下行する(KL.321)
    • ここまで下行しながら細かく分枝し、肺神経叢と心臓神経叢を作っている
    • 食道に沿って下行し、食道の周囲で食道神経叢を作る(KL.321)
    • 食道の前と後ろで前迷走神経幹と後迷走神経幹を作る(KL.321)
    • 右迷走神経が後迷走神経幹、左迷走神経が前迷走神経幹を、主に作っている気がする (N.205をみるとそう思える)
    • 食道と共に食道裂孔を通って腹腔に達する
  • 腹部
    • 腹腔にはいると腹腔神経叢に加わり、交感神経と共に腹部の臓器に達する(KL.321)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


臨床関連

  • 迷走神経の障害 (M.612)
    • 咽頭枝:嚥下障害
    • 上喉頭神経:咽頭上部の感覚脱出、輪状甲状筋の麻痺



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



背側」

  [★]

*dorsumdorsal
dorsalis
背部背側性
腹側



迷走」

  [★]

aberration
異常異常性逸脱収差


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡