迷走神経切離術

出典: meddic

vagotomy
迷走神経切除迷走神経切断術
[show details]



和文文献

  • 胃切除後の再建術 幽門形成術 (マスターしておきたい縫合・吻合法の実際--より安全・確実に行うために) -- (縫合・吻合法の実際)
  • 中根 恭司,岩井 愛子,向出 裕美 [他]
  • 外科治療 102(-) (増刊), 540-545, 2010-04
  • NAID 40017098451
  • Crohn病胃十二指腸病変に対する手術症例の臨床的検討
  • 柴崎 正幸,万代 恭嗣,日下 浩二,伊地知 正賢,北村 成大
  • 日本消化器外科学会雑誌 42(1), 1-9, 2009-01-01
  • … レウス,1例に開腹止血術を要する消化管出血を認めた.病理標本を有する14例のうち非乾酪性類上皮肉芽腫を12例に,瘻孔形成を10例に認めた.平均観察期間43か月中に上部消化管再建部位にびらんを1例に認めたが,狭窄は認めていない.考察:クローン病胃十二指腸病変に対する幽門洞切除+選択的迷走神経切離術は高率に合併する瘻孔を切除でき,残胃も大きく残せる術式で短期成績も良好であり,合理的な手術術式と考えられた. …
  • NAID 110007024884

関連リンク

日消外会誌 21(4):1015~ 1025,1988年 選択的近位迷走神経切離術兼幽門洞粘膜切除術に 関する実験的研究 順天堂大学第1外科学教室(主任:柵原 宣教授) 佐 藤 浩 一 EXPERIMENTAL STUDIES ON SELECTIVE PROXYMAL ...
日消外会誌 16(10):1812~ 1815,1983年 胃迷走神経切離術・胃空腸吻合術施行後 17年目に発生した早期癌の1例 久留米大学医学部第1外科 福嶋 博愛 林 田 良三 小 深田盛一 白井 文夫 武 田 仁良 A CASE OI「EARLY ...

関連画像

消化管防御因子に関する最新の 肝臓内グリコーゲン量を減らす 電子書籍版|胃外科のすべて 迷走神経肝枝の外科的切離術 肝臓内グリコーゲン量を減らす また、この絶食時の迷走神経


★リンクテーブル★
リンク元迷走神経切除」「迷走神経切断術」「選択的近位迷走神経切断術」「迷走神経腹腔枝
拡張検索全迷走神経切離術
関連記事迷走神経」「神経」「」「迷走

迷走神経切除」

  [★]

vagotomyvagotomize
迷走神経切離術迷走神経切断術


迷走神経切断術」

  [★]

vagotomy
迷走神経切除迷走神経切離術


選択的近位迷走神経切断術」

  [★]

selective proximal vagotomy
迷走神経切離術

迷走神経腹腔枝」

  [★]

迷走神経切離術


全迷走神経切離術」

  [★]

truncal vagotomy
全迷走神経切断術

迷走神経」

  [★]

vagus nerve (KL,N,M), vagal nerve (B)
nervus vagus
第10脳神経 第X脳神経 第十脳神経 cranial nerve X CNX CN X, the tenth cranial nerve tenth cranial nerve
脳神経



一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
          脳神経Xの上神経節           頚静脈孔 耳介、外耳道、後頭蓋窩からの感覚
          脳神経Xの上神経節           舌底、咽頭、喉頭、器官、気管支、心臓、食道、胃、腸の臓性感覚
          脳神経Xの下神経節           喉頭蓋と口蓋の味覚
                  内臓近傍のニューロン 副交感神経:平滑筋(気管、気管支、消化管)、心筋(心臓)
                    支配筋:咽頭収縮筋、口蓋帆張筋を除く口蓋の筋、食道上2/3の横紋筋

由来

  • 延髄のオリーブの後側 (KL.652)

支配

  • 臓性感覚性
    • 舌底、咽頭、喉頭、気管、気管支、心臓、食道、胃、腸の臓性感覚
  • 特殊感覚性
    • 喉頭蓋と口蓋の味覚
  • 臓性運動性
    • 副交感神経:平滑筋(気管、気管支、消化管)、心筋(心臓)(M)
  • 鰓弓運動性
    • 嚥下・発声・構音に関与 (KL.654)
    • 支配筋:咽頭収縮筋、口蓋帆張筋を除く口蓋の筋、食道上2/3の横紋筋 (M)

走行

  • 頭部
    • 後頭蓋窩から頚静脈孔を通って頭蓋腔の外に出る(KL.321)
  • 頚部
    • 咽頭の左右両側で内頚動脈・総頚動脈の後外側に沿って(頚動脈鞘に包まれている)真っ直ぐに下行し、鎖骨下動脈の前を走って胸腔にはいる(KL.321)
    • 右迷走神経は右反回神経を分枝し、この枝は右鎖骨下動脈の腹側から背側に回り込む。
  • 胸部
    • 左迷走神経は大動脈弓の前を走って、肺根の後側を下行する(KL.321)
    • 左迷走神経は左反回神経を分枝し、この枝は動脈索の左側で大動脈弓の腹側から背側に回り込む。
    • 右迷走神経は肺根の後側を下行する(KL.321)
    • ここまで下行しながら細かく分枝し、肺神経叢と心臓神経叢を作っている
    • 食道に沿って下行し、食道の周囲で食道神経叢を作る(KL.321)
    • 食道の前と後ろで前迷走神経幹と後迷走神経幹を作る(KL.321)
    • 右迷走神経が後迷走神経幹、左迷走神経が前迷走神経幹を、主に作っている気がする (N.205をみるとそう思える)
    • 食道と共に食道裂孔を通って腹腔に達する
  • 腹部
    • 腹腔にはいると腹腔神経叢に加わり、交感神経と共に腹部の臓器に達する(KL.321)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


臨床関連

  • 迷走神経の障害 (M.612)
    • 咽頭枝:嚥下障害
    • 上喉頭神経:咽頭上部の感覚脱出、輪状甲状筋の麻痺



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


迷走」

  [★]

aberration
異常異常性逸脱収差




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡