輻輳麻痺

出典: meddic

convergence paralysis
輻輳
  • 近方視時に複視を生じる。
  • エディンガー・ウェストファール核周囲が関与しているらしい(BET.215)。
  • 外傷、腫瘍、血管障害、炎症、脱髄などで中脳が冒された時に生じる(BET.215)。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 上部脳幹とくに中脳障害の神経耳科学的診断
  • 岩間 和生
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 74(10), 1417-1434, 1971
  • … 査,脳室造影法,各種の脳Btu管撮影法などである.結果その結果みとめられた癌状はつぎのよ5になる.水平性自発眼振.注視不全麻痺性水平性眼振.電光眼運動.緊張性注視樫攣.緊張性輻躾痙攣.輻榛眼振.陥役腹振.輻輳麻痺.上眼瞼向き垂直性自発眼振.上方注視麻痺(Parinaud徴候).方向交代性上向ないし方向固定性頭位眼振.垂直ないし斜行性頭位変換眼振.視標追跡運動(eye-trackingmovement)の障G.視運動性眼振の解発搾制(水平,上眼瞼向 …
  • NAID 130000804786
  • 輻輳麻痺 眼球運動障害各論-5-

関連リンク

輻輳痙攣は左右の目を内側に寄せる機能が制御できずに働きすぎて不安定な内斜視を生じるもの。頭部外傷がきっかけになることはありうるかもしれませんが、精神的なものも影響しなくもない。 内斜視は左右の目の向きが ...
輻輳麻痺 輻輳反射の異常によって近方視で複視が出現する。 (((核・核下性)))運動障害 神経性麻痺 動眼神経麻痺 滑車神経麻痺 外転神経麻痺 筋性麻痺 動眼神経麻痺 oculomotor nerve palsy 概念 動眼神経は中脳上丘に神経核が 分類 ...
例えば:垂直性眼振、輻輳・退縮混合性眼球運動、輻輳麻痺、分離性眼位置、斜視、上眼瞼後退、まぶたの痙攣、乳頭水腫(視神経)、外眼麻痺などは全くありませんでした。 この事実は、に記録 ...

関連画像

輻輳」関連画像 や外斜視、麻痺性、間欠性など 麻痺, 核間性眼筋麻痺, 輻輳麻痺原因|動眼神経麻痺


★リンクテーブル★
リンク元開散麻痺
関連記事輻輳」「麻痺

開散麻痺」

  [★]

divergence paralysis, divergence palsy
輻輳麻痺開散
  • 遠方視時に内斜視と複視を生じる。
  • 中脳障害で起こり、松果体腫瘍、水頭症などで起こる(BET.216)。



輻輳」

  [★]

convergence
convergentia
転輳、(眼科)輻湊


  • 動眼神経核近傍に輻輳中枢がある → 中脳の下部あたり? → 脳幹の障害で消失


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
11,1024,768,24 HTTP/1.1 30
2日本母多毛 23
30 HTTP/1.1 7
4Pirimiphos-methyl ltd mail 7
51,1280,1024,24 HTTP/1.1 6
6高アンモニア血症 6
71,320,568,24 HTTP/1.1 6
8Apricot Kernel Shell mail 6
9左室内径短絡率 5
10脾梗塞 4
11ヘテロクロマチン 4
12痙性両麻痺 4
13副耳下腺腫瘍 4
14里吉病 4
15偽眼類天疱瘡 3
16Rectal cancer 3
171,1024,768,32 HTTP/1.1 3
18上方注視障害 3
19多毛 3
20user/password 3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1日本母多毛 8
2ヘテロクロマチン 4
31,1024,768,24 HTTP/1.1 3
4シャント高ビリルビン血症 2
5アキレス腱反射 やり方 2
6成人肥厚性幽門狭窄症 stringsign 画像 2
7上肺溝腫瘍 2
8セレクティビティーインデックス 2
960歳の男性。2年前から時々、両下肢の所々に電気の走るような鋭い痛みが起こるようになり、その都度、鎮痛薬を服用した。昨年から夜道を歩くと足がふらつくようになった。最近、痛みが増強し、昼間でも足がふらつくので来院した。瞳孔は左右不同、不正円形で、対光反応は消失し、輻湊反応は保たれている。四肢に麻痺はないが、筋緊張が軽度に低下している。指鼻試験は良好で、踵膝試験は拙劣であるが、注視下では改善する。腱反射は上肢で減弱、下肢で消失し、Babinski徴候は陰性である。温・痛覚、触覚および振動覚が下肢末梢で低下し、睾丸把握痛が消失している。 この疾患の最も主要な病変はどこか。  2
10Rubin 試験 2
11意識消失 意味 2
121,1366,768,24 HTTP/1.1 2
13ゲルハルト症候群 2
14ワレンベルグ症候群 2
15プロスタグランジンD2 2
16Melkersson-Rosenthal症候群 1
17感染症 CNS とは 1
18Mallampati分類 はかりかた 1
19首つり自殺 いっけい 1
20selenium binding protein 腸 1