輪状膵

出典: meddic

annular pancreas
pancreas annulare
環状膵
[[]]


治療

  • 手術療法
  • 十二指腸十二指腸吻合が第一選択
  • 十二指腸空腸吻合は毛管症候群を来すため、あまりやられない。
  • 輪状膵を直接切除は膵管を損傷するため、あまりやられない。

参考

  • nurs 輪状膵
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s5/s5651.htm



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膵臓・胆道の先天性形成異常 (特集 膵臓と胆囊・胆管疾患の診断と治療 : アップデート)
  • 神澤 輝実,来間 佐和子,田畑 拓久
  • 診断と治療 101(5), 735-740, 2013-05
  • NAID 40019688625
  • P29-03 学童期に発見された一卵性双生児の先天性十二指腸狭窄症(輪状膵)に対する腹腔鏡下ダイヤモンド吻合術(ポスターセッション29 胃十二指腸)
  • 川島 章子,世川 修,吉田 竜二,木村 朱里,土屋 晶義,亀岡 信悟,志田 洋子,杉原 茂孝
  • 日本小児外科学会雑誌 48(3), 613, 2012-05-01
  • NAID 110009582242
  • 膵炎を契機に発見された輪状膵合併膵癌の2例
  • 福島 正之,森田 高行,藤田 美芳,岡村 圭祐,市村 龍之助,中山 智英
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(9), 2389-2393, 2011-09-25
  • NAID 10029897185
  • いわゆる膵胆管高位合流を併存した成人型輪状膵の1例
  • 児玉 亮,渡邉 貴之,丸山 真弘,伊藤 哲也,米田 傑,丸山 雅史,村木 崇,浜野 英明,新倉 則和,田中 榮司
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(9), 1589-1595, 2011-09-05
  • … を主訴に受診し,Amy高値とCT所見から急性膵炎と診断された.CT・MRIにて十二指腸下行部を取り巻くように腫大した膵頭部を認め,ERCPにて輪状膵およびいわゆる膵胆管高位合流と診断した.輪状膵には合併奇形が多いとされているが,輪状膵にいわゆる膵胆管高位合流もしくは膵胆管合流異常を合併した症例の報告は極めて少ない.両者の合併は膵の発生の観点からも興味深く, …
  • NAID 10030298545

関連リンク

上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ13 EXPERT COURSE 解答 【症例 EE 64】. 輪状 膵.Annular pancreas. 問題に戻る ... 図13で膵頭部(H:白矢印)が十二指腸下行部を 取り囲んでおり,輪状膵(annular pancreas)である.血清アミラーゼ値は正常であっ ...
【輪状膵<りんじょうすい>】病気について調べるならメディカルiタウンの病気事典(家庭 の医学)。

関連画像

正常の胃と十二指腸膵臓 が 十二指腸を囲んでいる 完全に閉塞している と、 double 輪状甲状靭帯穿刺


★リンクテーブル★
国試過去問095G029」「073A060」「096H031」「077B072」「100B031
リンク元内視鏡的逆行性胆管膵管造影」「ダブルバブル徴候
関連記事輪状」「

095G029」

  [★]

  • 58歳の男性。繰り返す意識消失発作のため入院した。1年前から空腹時にふらつくことがあったが、食後軽快するので放置していた。入院後も意識消失発作を数回起こし、いずれの場合もブドウ糖液の静注で改善した。意識清明。血圧142/88mmHg。呼吸音清。肝と脾とを触知しない。血液所見:赤血球498万、Hb 14.0 g/dl、白血球6,500、血小板20万。血清生化学所見:空腹時血糖43mg/dl、総蛋白7.3 g/dl、アルブミン4.1g/dl、尿素窒素9mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン0.5mg/dl、GOT37単位(基準値以下)、GPT54単位(基準35以下)、アミラーゼ83単位(基準37~160)。CEA 2.0ng/ml(基準5以下)、CA19-9 11U/ml(基準37以下)。腹部ダイナミックCTの動脈優位相で径1cmの濃染像を膵体部に認める。考えられる疾患はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G028]←[国試_095]→[095G030

073A060」

  [★]

  • 疾患と腹部X線造影所見で適切な組み合わせはどれか。

096H031」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 096H030]←[国試_096]→[096H032

077B072」

  [★]

  • 正しいのはどれ

100B031」

  [★]

  • 膵管の拡張を伴うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B030]←[国試_100]→[100B032

内視鏡的逆行性胆管膵管造影」

  [★]

endoscopic retrograde cholangiopancreatography, ERCP
内視鏡的逆行性膵胆管造影内視鏡的逆行性膵胆管造影法内視鏡的逆行性胆管膵管造影内視鏡的逆行性胆管膵管造影法
内視鏡的胆道ドレナージ
[show details]

概念

  • 胆道疾患の診断目的に施行する画像検査
  • 内視鏡を用いて、十二指腸乳頭部から膵管および胆管内に細径チューブを挿入し、造影剤を注入して撮像すること。

禁忌

  • 全身状態が著しく不良
  • 造影剤過敏症(アナフィラキシーショック)
  • 急性膵炎急性期
  • 慢性膵炎の急性増悪期

参考

  適応 禁忌 要注意
膵臓疾患 膵臓癌
・嚢胞性疾患
慢性膵炎
・膵管癒合不全
輪状膵
・全身状態が著しく不良
・造影剤過敏症
(アナフィラキシーショック)
・急性膵炎急性期
・慢性膵炎の急性増悪期
・上部消化管狭窄
・胃全摘出後
  Roux-en-Y吻合
Billroth II法 残胃例
胆道疾患 胆管癌
胆嚢癌
・胆道結石症
胆管狭窄
・膵・胆管合流異常
乳頭部疾患 乳頭部癌
・乳頭機能不全症



-ERCP


ダブルバブル徴候」

  [★]

double bubble sign

概念

  • 腹部X線写真上で上腹部に拡張したガス像が2つ横に並ぶこと。 → 胃胞十二指腸球部のガス像
  • 十二指腸下降脚以下での閉塞・高度狭窄を示唆
[show details]

鑑別疾患


参考

  • double bubble sign

[display]http://radiology.rsna.org/content/220/2/463.short?rss=1&ssource=mfc

  • 写真

[display]http://radiology.rsna.org/content/220/2/463/F1.small.gif


輪状」

  [★]

circularannularorbicular、(ラテン語形容詞)orbicularis
円形環状循環式回覧物


膵」

  [★]

pancreaspancreatic
膵性膵臓




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡