転移

出典: meddic

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease



原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫




精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/16 15:20:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃原発絨毛癌の膀胱転移の1例
  • 西村 博昭,山根 隆史,木原 研二 [他]
  • 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology 77(5), 174-180, 2015-05
  • NAID 40020465430
  • 症例 尿管癌肺転移との鑑別を必要とした肺原発淡明細胞型扁平上皮癌の1例
  • 小柳津 毅,松村 輔二,荒木 修 [他]
  • 胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 68(5), 396-399, 2015-05
  • NAID 40020459299
  • 胸腔鏡下肺部分切除後にポート孔再発した大腸癌肺転移
  • 蓮沼 綾子,塩野 知志,片平 真人 [他]
  • 胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 68(5), 339-342, 2015-05
  • NAID 40020458552
  • 緩和的放射線療法 (特集 がん放射線治療の最前線)
  • 野崎 美和子
  • 日本医師会雑誌 144(2), 272-275, 2015-05
  • NAID 40020457888

関連リンク

転移 てんい transference 心理学用語。感情転移のことで,S.フロイトが精神分析で用いた鍵概念の一つ。対人関係において,現実の対象には不釣合いな感情や態度を示した場合,幼児期に接しただれか,特に両親に向けられていた感情や ...
感情転移 カウンセリング・心理療法の過程で、クライエントが過去に出会った人物(養育者である場合が多い)に対する感情や態度を、カウンセラー(治療者)に向けることを転移と言います。転移感情には、陽性転移と陰性転移の2 ...
転移性の前立線がんでは「DNA修復遺伝子」の変異が転.. 転移性の前立線がんの人では、BRCA1やBRCA2など、DNAの修復に関わる遺伝子に親から受け継いだ変異(遺伝性変異)を持つ割合が、転移のない局所性前立線がんの人..

関連画像

がんの転移とは? 図2 肺がんが転移するルート生物学の進歩により、転移のし  転移性乳がん ガイドライン上咽頭がんの転移促進機構に関 癌転移 -転移の分子 癌研究の最近のホットな話題は


★リンクテーブル★
リンク元乳癌」「metastasis」「転移性腫瘍
拡張検索ペプチジル基転移酵素」「ペプチド転移」「ペプチジル転移」「リン酸基転移ポテンシヤル

乳癌」

  [★]

brest cancer (M), breast carcinoma
乳がん
carcinoma mammae
乳房男性乳癌

リスクファクター

エストロゲンの暴露の期間と正の相関
  • 高リスク:早い初潮、遅い閉経、出産・授乳の経験がない、初産が遅い、閉経後の肥満
  • 低リスク:初産が早い、複数の出産を経ている

組織型

乳癌
 非浸潤癌(10%)
  非浸潤性乳管癌
  非浸潤性小葉癌
 浸潤癌(90%)
  通常型(浸潤性乳管癌)(大多数を占める)
   乳頭線管癌:腺腔形成を伴い乳頭状増殖 or 面皰癌
   充実腺管癌:充実性の髄様/小腺管様構造を呈す
   硬癌(前乳癌の25-30%を占める):浸潤性発育、間質の著明な増殖。リンパ行性転移多い。予後比較的不良。
  特殊型
   粘液癌
   髄様癌:間質にリンパ球浸潤を伴う。予後は比較的良好
   浸潤性小葉癌:両側性の頻度が高い。
   腺様嚢胞癌
   扁平上皮癌
   紡錘細胞癌
   アポクリン癌
   骨・軟骨化生を伴う癌
   管状癌
   分泌癌
   浸潤性微小乳頭癌
   器質産生癌
   その他
 Paget病:乳管癌の上皮内進展により乳頭に湿疹~びらんが認められる。表皮の基底層に明るい胞体の大型Paget細胞を認める。予後良好

検査

  • マンモグラフィ:濃淡不均一な腫瘤陰影。辺縁の放射状棘状影
  • 超音波エコー検査:不整腫瘤
[show details]

治療

  • 外科手術
  • 遠隔転移例の治療:ホルモン療法、化学療法、放射線療法など。

術式

  • 乳房温存手術
  • 腫瘤摘出術
  • 乳房円状部分切除術
  • 乳房扇状部分切除術
  • 胸筋温存乳房切除術
  • 胸筋合併乳房切除術

進展の特徴

  • 進行が比較的遅い。stage Iなら5年生存率90%以上
  • 微小転移しやすい

進展形式

  • 直接浸潤
  • 血行性転移
  • リンパ行性転移

転移

  • 肺(33%)、骨(骨転移)(26%)、皮膚・胸壁(19%)、肝臓(8%)、脳(3%)

ガイドライン

  • 1. 乳癌 癌診療ガイドライン - 日本癌治療学会
[display]http://jsco-cpg.jp/item/16/index.html

参考

  • 1. 乳がんができやすい部位 乳癌の好発部位
[display]http://www.bms.co.jp/nyugan/info/02_03_01.html




metastasis」

  [★]

  • n.
  • 転移
meta, ガン転移

WordNet   license wordnet

「the spreading of a disease (especially cancer) to another part of the body」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(癌(がん)などの)転移」


転移性腫瘍」

  [★]

metastatic tumor
転移腫瘍
転移癌metastatic cancer
転移腫瘍転移巣



ペプチジル基転移酵素」

  [★]

[[]]
ペプチジルトランスフェラーゼ
[[]]
ペプチジルトランスフェラーゼ


ペプチド転移」

  [★]

ペプチジル転移
[[]]
ペプチジル転移


ペプチジル転移」

  [★]

[[]]
peptidyl transfer
[[]]
peptidyl transfer


リン酸基転移ポテンシヤル」

  [★]

phosphoryl group-transfer potential




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡