転子間線

出典: meddic

intertrochanteric line


  • 図:N.471
  • 大腿骨の前面で大転子と小転子の間を結ぶ粗線 (KL.143)
  • この線を境に上内側では線維性被膜が付着している

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1340 腸骨大腿靭帯のストレッチング肢位の検討 : 未固定解剖標本を用いた定量的分析(理学療法基礎系,一般演題(ポスター発表演題),第43回日本理学療法学術大会)
  • 1091 静止立位における足圧分布と姿勢の関係(理学療法基礎系37)
  • 新鮮凍結遺体による股関節屈曲角度

関連リンク

下方では大腿骨頚をほとんど包み、前面では転子間線に、後面では転子間稜のやや 上方で大腿骨頚につき、また内側では小転子に接してつく。股関節の運動は、屈曲、 伸展、内転、外転、描円および回旋に分析されるが、運動の範囲は膝関節をまげた状態 ...

関連画像

右大腿骨 後面 (骨部位)足根骨・大腿骨130827_03.jpeg内側広筋基準線を記入するの図内側骨折


★リンクテーブル★
リンク元大転子」「小転子
関連記事

大転子」

  [★]

greater trochanter
trochanter major
小転子転子窩転子間稜転子間線大腿骨

 

  • 図:N.472,473(筋の付着)

筋の付着(N.472,473,477 K.76,77)

  • 停止
  1. 中殿筋
  2. 小殿筋
  3. 梨状筋


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


小転子」

  [★]

lesser trochanter, lesser trochanter of femur
trochanter minor
関:大転子転子窩転子間稜転子間線大腿骨
  • 図:N.472,473(筋の付着)

筋の付着 (M.312)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡