転子間径

出典: meddic

和文文献

  • 現代の成熟期早期の女性の骨盤の形状とその関連因子,日常生活への影響
  • 新川 治子,高畑 陽子
  • 広島国際大学看護学ジャーナル 11(1), 13-25, 2014-03-31
  • … 結果, 転子間径に有意な発達がみられるが, その他の径線に大きな変化はなかった. … また, 転子間径/ 外結合線比は拡大したが, 総合的には骨盤のバランスに著しい変化は認められなかった. …
  • NAID 120005442105
  • 正常妊婦と子宮頸管無力症妊婦の骨盤と骨盤底筋機能の変化の比較
  • 名取 初美,平田 良江,島田 啓子 [他]
  • 金沢大学つるま保健学会誌 35(1), 27-35, 2011
  • … 会陰腱中心の長さと骨盤の稜間径、棘間径、大転子間径の測定、さらには骨盤底筋機能の評価のために、座位での骨盤底筋収縮時の坐骨結節への圧の変化を測定した。 … 骨盤稜間径、棘間径、大転子間径の1期を基準とした4期の相対値は、正常妊婦が1.02・1.02・1.01、子宮頸管無力症妊婦は3か所すべて1.02であった。 …
  • NAID 40018947601

関連リンク

... interspinous diameter(平均23cm),稜間径(腸骨稜間距離)intercristal d.(平均26cm),転子間径(大転子間距離)intertrochanteric d.(平均28cm),外結合線(ボーズロック径線)external conjugata(平均19cm)などがあり,そのほか外斜径,側結合 ...
(図C-16-5) a.稜間径,棘間径,転子間径 b.外結合線 c.女性骨盤の計測値(新井正治:日本産婦人科 全書,金原出版,東京,1967より改写) 稜間径 側結合線 外結合線 棘間径 第1外斜径 26.0cm 23.0cm 19.0cm m m c b a 稜間径

関連画像

骨盤の形態を決定する因子は  外結合線、大転子間径、棘間径上前腸骨棘と大転子のライン環跳』 (かんちょう)足の



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡