軟骨

出典: meddic

cartilage (M)
軟骨組織
[[]]


分類


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/16 14:33:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 毛髪、軟骨、角膜などズラリ ついに実用化ラッシュが始まる (特集 ここまで治る! (超)先端医療) -- (再生医療の開花)
  • 亜鉛シグナル : 健康と疾患を統御する新しい情報伝達システム
  • 北條 慎太郎,深田 俊幸
  • バイオサイエンスとインダストリー 71(1), 8-13, 2013
  • NAID 40019557733

関連リンク

鶏軟骨の簡単おいしいレシピ(作り方)が566品! 「ヤゲン軟骨唐揚げ」「自信作 鶏軟骨の唐揚げ」「ヤゲンを塩昆布で炒めた物」「居酒屋風 やげん軟骨の炙り焼」など
大辞林 第三版 軟骨の用語解説 - 軟骨組織と軟骨膜から成る弾性に富む支持組織。鼻,肋骨の胸骨に移行する部分,関節,気管の周囲,耳殻,椎間板その他の場所に見られる。 ↔ ...

関連画像

ですから、軟骨がすり減って もっと知りたい股関節痛 ガラス 軟骨 軟骨膜 に 沿って 軟骨変性、断裂、摩耗などが 軟骨 の 場合 です と 軟骨 と PF正常軟骨


★リンクテーブル★
国試過去問104D040」「104E057」「104E024」「098G031」「107C014
リンク元上肢の筋」「肩関節の運動に関与する筋」「」「軟骨肉腫」「骨軟骨腫
拡張検索層状骨軟骨炎」「軟骨外胚葉異形成」「披裂軟骨声帯突起
関連記事

104D040」

  [★]

  • 8歳の男児。跛行を主訴に母親に伴われて来院した。6か月前から運動時に左股関節の疼痛があり、3か月前から歩行時に跛行があることに母親が気付いた。既往歴に特記すべきことはない。明らかな低身長や肥満を認めない。左股関節には軽度の可動域制限があるが、発赤や熱感はない。股関節エックス線写真(別冊No.13)を別に示す。
  • この病態で正しいのはどれか。
  • a 軟骨代謝の異常
  • b 細菌感染後の骨変化
  • c 成長ホルモンの分泌異常
  • d 大腿骨近位骨端部の血行障害
  • e 骨系統疾患に伴う骨の成長障害



[正答]


※国試ナビ4※ 104D039]←[国試_104]→[104D041

104E057」

  [★]

  • 63歳の女性。膝関節痛を主訴に来院した。10年前から歩行時に膝の痛みを感じるようになり、徐々に増悪している。下肢の写真(別冊No.13A)と膝関節エックス線写真(別冊No.13B)とを別に示す。
  • 一次性病変があるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E056]←[国試_104]→[104E058

104E024」

  [★]

  • 気道の解剖について正しいのはどれかo'
[正答]


※国試ナビ4※ 104E023]←[国試_104]→[104E025

098G031」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G030]←[国試_098]→[098G032

107C014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107C013]←[国試_107]→[107C015

上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


肩関節の運動に関与する筋」

  [★]

付着部

筋名 内転 外転 内旋 外旋 屈曲 伸展 支配神経 起始 停止
大胸筋 鎖骨      内側胸筋神経

外側胸筋神経

鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜)
胸肋部       胸骨、第1~6軟骨
腹部       外腹斜筋腱膜
広背筋       胸背神経 T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜)
三角筋 鎖骨部・前部         腋窩神経 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角筋粗面)
肩峰部・中部         肩甲骨(肩峰)
肩甲棘部・後部         肩甲骨(肩甲棘下縁)
小円筋       肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節)
棘上筋           肩甲上神経 肩甲骨(棘上窩)
棘下筋         肩甲骨(棘下窩)
肩甲下筋         肩甲下神経 肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節)
大円筋       肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜)
烏口腕筋         筋皮神経 肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁)

凡例

●:両方で確認
◇:K.125
□:M391,394,395,412,446


肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)





軟骨肉腫」

  [★]

chondrosarcoma
軟骨骨腫瘍

疫学

  • 成人~老人、30-50歳に多い。
  • 男性に多い(男女比=2:1)
  • 原発性悪性骨腫瘍の中では2,3番目に多い(骨肉腫軟骨肉腫骨髄腫)

分類

好発部位

  • 大腿近位、骨盤、肋骨、上腕骨近位が70% (SOR.323)

検査

  • 単純X線写真:境界不明瞭な当量帽、膨隆性骨は改造、内部斑紋状、ポップコーン様石灰化
  • MRI:(T1)高信号/低信号混在。(T2)硝子様軟骨組織が高信号
  • CT:軟組織への浸潤、石灰化
  • 99mTcシンチ:集積像

治療

  • 分化型:患肢を温存した広範囲切除術
  • 未分化型:患肢の離断・切断術
  • 極めて未分化:骨肉腫に準じた化学療法

参考

  • 1. [charged] Chondrosarcoma - uptodate [1]
  • 2. Chondrosarcoma of the Bone
[display]http://sarcomahelp.org/chondrosarcoma.html
  • 3. Conventional Chondrosarcoma, Juxtacortical, Periosteal or Peripheral
[display]http://www.orthopaedia.com/display/PORT/Conventional%2BChondrosarcoma,%2BJuxtacortical,%2BPeriosteal%2Bor%2BPeripheral
  • 4. wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/Chondrosarcoma



骨軟骨腫」

  [★]

osteochondroma
外骨腫 exostosis, 軟骨性外骨腫 cartilaginous exostosis
軟骨骨腫瘍


疫学

  • 10歳代が45% (SOR.311) → 患者の骨成長が終わると骨軟骨腫の発育も停止する。

病因

病理

  • 骨端軟骨線を模倣する構造のうえに軟骨帽と呼ばれる軟骨が存在する。軟骨層の下部で軟骨内骨化が生じて骨性の腫瘤が成長している。
  • 骨性の腫瘤の内腔は正常骨の骨髄腔と連続している。

症状

  • 軟部組織、血管、神経の圧迫

治療

  • 軟骨帽を含めた切除

予後

  • 完全切除しなければ再発しうる。
  • 骨成長がおわっても骨軟骨腫の増大が見られる場合には軟骨肉腫への悪性化が疑われる。

参考

  • 1. [charged] Overview of benign bone tumors in children and adolescents - uptodate [2]
  • 2. wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/Osteochondroma
  • 3.
[display]http://www.bookterra.com/index.php/Diagnostic_Radiology/Musculoskeletal_Imaging/Tumors_Basic/Osteochondroma

国試


層状骨軟骨炎」

  [★]

laminar osteochondritis
マルタン・デュ・パン・ルーティスハウザー症候群


軟骨外胚葉異形成」

  [★]

chondroectodermal dysplasia
エリス・ファンクレフェルト症候群


披裂軟骨声帯突起」

  [★]

processus vocalis cartilaginis arytenoidei
披裂軟骨声帯突起


骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡