踵接地

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術後股関節疾患患者に対する踵接地を意識させた歩行訓練が股関節外転筋活動に及ぼす影響 : 表面筋電図による積分筋電図及び wavelet 周波数解析
  • 術後股関節疾患患者に対する踵接地を意識させた歩行訓練が股関節外転筋活動に及ぼす影響 : 表面筋電図による積分筋電図及びwavelet周波数解析
  • 靴内装着型および固定型足底圧計測システムを用いた3種類の室内フロアマットの人間工学的評価
  • ナ スクヒ,チョン ミンクン,ソン ヨンウン
  • 産業医科大学雑誌 33(1), 1-10, 2011-03-01
  • … 装着型および固定型足底圧計測システムの両者によって測定した.6名の男性被験者(平均体重=72.4±7.5kg)は4種類の状態の床を裸足で歩行し,2種の測定システムで足底圧を同時に記録した.平均床反力,2つの極大値(踵接地および足趾離床),および靴内装着型足底圧計測システムにより測定された最大床反力は床表面状態により有意に異なる測定値を示し(P<0.05),床材がない場合が828.9±114.2Nで最大の床反力であった.しかしながら …
  • NAID 110008574470

関連リンク

まず写真左の「踵接地期」のポイントは、足関節が若干背屈していること。つまり足先が 挙がっていることが大切です。このためには、股関節で約30度の屈曲と、膝関節の伸展 (ほとんど完全に)が必要です。これができていると、「なんでもないところで引っかかって ...

関連画像

図1:踵接地時の膝関節の屈曲等々力の家デイホーム | 福祉 heel rockerでの遠心性収縮 ブログ かかとの接地



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡