足関節

出典: meddic

ankle joint (K)




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/09 16:45:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 競泳選手におけるキックスピードと脚パワー及び足関節柔軟性との関係
  • 野口 雄慶,Noguchi Takanori,出村 慎一,Demura Shinichi,上田 康平,Ueda Kohei,杉浦 宏季,Sugiura Hiroki
  • 福井工業大学研究紀要, 243-247, 2015-08-06
  • This study aimed to examine the relationship between kick speed and leg power and between kick speed and ankle joint flexibility in competitive swimmers. Participants included 10 young competitive mal …
  • NAID 120005642483
  • 人工足関節置換術 (特集 足の外科最新手術のコツと落とし穴) -- (人工関節置換術)
  • 変形性足関節症に対する下位脛骨骨切り術 (特集 足の外科最新手術のコツと落とし穴) -- (骨切り術)

関連リンク

足関節(そくかんせつ)は、足首にある関節。足関節は脛骨、腓骨、7つの足根骨を含め た9個の骨で構成されており、上跳躍関節、下跳躍関節、踵立方関節、楔舟関節で構成 ... 「http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=足関節&oldid=42063921」から取得 ...
一般的に捻挫と言えば、足関節捻挫を意味するぐらい発生頻度の高い捻挫ですが、 その病態は様々で、甘く考えると後遺症などに悩まされるケースもあります。 このページ では、足関節捻挫の適切な対処の指針として活用されるように、その詳細を紹介します。

関連画像

足関節のイラスト足関節(足首)の靱帯人体図/足の指、骨、関節----足 関節 に は アーチ が あ り 上 の 絵 は 足 関節 を 外側 足関節の靭帯


★リンクテーブル★
国試過去問106I018」「108I026」「106I006」「102G030
リンク元下肢の筋」「深腓骨神経」「浅腓骨神経」「後脛骨筋」「長腓骨筋
拡張検索足関節の運動に関与する筋」「足関節骨折」「足関節/上腕血圧比
関連記事関節」「

106I018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I017]←[国試_106]→[106I019

108I026」

  [★]

  • 疼痛誘発手技 (別冊 No. 8)を別に示す。
  • 診断する病変部位はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I025]←[国試_108]→[108I027

106I006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I005]←[国試_106]→[106I007

102G030」

  [★]

  • 人工関節置換術がよく行われるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G029]←[国試_102]→[102G031

下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


深腓骨神経」

  [★]

deep peroneal nerve (KH,M), deep fibular nerve (N,M), deep peroneous nerve (N)
nervus fibularis profundus, nervus peroneus profundus



由来

坐骨神経→'総腓骨神経'+脛骨神経
       '総腓骨神経'浅腓骨神経深腓骨神経
  • L4-S2

支配

  • 下腿の前区画

深腓骨筋神経の前区画の支配筋(下肢の筋より一部抜粋)

肉単P 筋名 起始 停止 支配神経 機能
V-1 前脛骨筋 脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-4 第三腓骨筋 腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈
V-5 長趾伸筋 脛骨(外側顆)、腓骨(前縁上方) 第2-5指(基、中、末節骨底の背面) 深腓骨神経 第2-5趾の伸展
V-6 長母趾伸筋 腓骨(及び骨間膜の前面) 母趾(末節骨底の背面) 深腓骨神経 母趾の伸展(IP関節)

走行



浅腓骨神経」

  [★]

superficial peroneal nerve (KL,KH), superficial fibular nerve (K,KL)
nervus peroneus superficialis, nervus fibularis superficialis
  • 図:N.501(浅層),502(深層),524(総腓骨神経の枝)
足関節の外反

由来

支配

下肢の筋より抜粋

肉単P 筋名 起始 停止 支配神経 機能
V-2 長腓骨筋 腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋 腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈

走行



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


後脛骨筋」

  [★]

tibialis posterior (K), tibialis posterior muscle
musculus tibialis posterior
下肢の筋足関節の筋
  • 図:N.500
  • 筋および腱は脛骨の上部から下行して踵骨の内側・内果の後ろを通って足底に停止→内反かつ底屈
  • 内果の後ろで長趾屈筋の腱と交叉し、一番内側に位置する (N.500)

起始

停止

神経

機能




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

長腓骨筋」

  [★]

peroneus longus muscle (N,KH), fibularis longus muscle (N,K), fibularis longus (K)
musculus peroneus longus, musculus fibularis longus
第一腓骨筋
短腓骨筋足関節の筋下肢の筋下肢筋群

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

下腿の伸筋>:下腿の伸筋



足関節の運動に関与する筋」

  [★]

下肢の筋
肉単 名称 背屈 底屈 内反 外反 区画 神経
U-2 腓腹筋       後区画(浅) 脛骨神経
U-3 ヒラメ筋       後区画(浅) 脛骨神経
U-5 足底筋       後区画(浅) 脛骨神経
V-7 後脛骨筋     後区画(深) 脛骨神経
V-1 前脛骨筋     前区画 深腓骨神経
V-2 長腓骨筋     外側区画 浅腓骨神経
V-3 短腓骨筋     外側区画 浅腓骨神経
V-4 第三腓骨筋     前区画 深腓骨神経


足関節骨折」

  [★]

ankle fracture
足関節部骨折


足関節/上腕血圧比」

  [★] 足関節・上腕血圧比

関節」

  [★]

joint joints, synovial joints
juncturasynovialis, articulationes synoviales
滑膜性の連結 synovial joint junctura synovialis

種類


節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡